FC2ブログ
2019 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 01
いえやすルーツの世良田東照宮 *群馬県太田市
- 2019/11/28(Thu) -
えっさえーっさ
えっさホイさっさ♪

001P1150028.jpg


三葉葵の家紋入り駕籠に揺られて
世良田東照宮 へ行きました

002P1150027.jpg



東照宮 = 徳川家康を祀る神社です

003P1150002.jpg

ここ群馬県太田市は、徳川家発祥の地 であるそうで・・・

”え、徳川家って三河でしょ? 三河って、愛知・静岡方面でしょ?”と、
ちょっとパニックしてました。

鎌倉時代・新田氏の子孫が、徳川家康であるそうです。
新田姓の後、この辺りの地域で徳川を名乗っていた時期があったそうで、
その後土地を離れて(追われて?)松平となり、家康の時代に徳川に戻る・・・と。

こうやって名前も姓もコロコロ変えるから、歴史がどんどん難しくなっていくんじゃん!
・・・と、学生時代だったら怒っていたでしょうけれど
イイ歳になった今は「ふ~ん、そっかー」で、読んで済ませられるから気楽です。



そんな土地なので、東照宮が建てられたのだとか。

005P1140993.jpg

外観はドーンとした構えですが
内側は東照宮らしい極彩色の装飾でした

004P1150009.jpg


日光とか久能山とか、東照宮って賑やか綺麗で覗くの好きです

006P1150007.jpg




東照宮の横にはお稲荷さんが並んでいました

006P1150017.jpg


子狐を抱えるような仕草のお狐さん
お母さんキツネかしらん

 DD 「オイラも撫でて~♪

007P1150021.jpg



今頃気付いた
お狐さんも「阿吽」の並びなんですね
神社とか門を護る方々、みんな片方口を開いて片方は閉じる・・・
どこかに、どっちも口を開けてるー みたいなペアは居ないかしら

008P1150023.jpg


じーっと見てるとにゃんこのようにも見えてきました
凛々しくも可愛いお顔してます

009P1150022.jpg

猫の阿吽のペアって、そういえば見ないですねぇ
これも何処かに居ないかしらん


スポンサーサイト



この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
分福茶釜のお寺さんと、木のおもちゃのお話 茂林寺*群馬県館林市
- 2019/11/24(Sun) -
有名な タヌキ のお話といえば・・・
「ぶんぶく茶釜」 と、「證誠寺のタヌキばやし」
そしてもう一つ「松山騒動八百八狸物語」が、日本三大タヌキ伝説として挙げられるそうです。
(3つめのお話は知らなかったのでウィキで概要を読みました)

🐻

ぶんぶく茶釜伝説の舞台、茂林寺 へ行きました

「ぶんぶく」って「分福」と書くのですね。
あもはお湯がブクブクと沸くときの音の事かと思ってました。。。ブクブク茶釜?すんごく熱そう・・・

001P1150030.jpg



山門をくぐると、たくさんのタヌキ氏に迎えられます

005P1150031.jpg



メヂカラがっつりなタヌキ氏
夜は・・・ 出会いたくないかも・・・

002P1150033.jpg
メイよりメヂカラ強いかも


ポピュラーなタヌキ氏たちは、いろんな浴衣を着ていました

003P1150036.jpg



右上を向いているポーズが多いのは何ででしょうね?
分からないけど、メイも真似~

004P1150035.jpg



006P1150040.jpg

年季の入ったお堂
拝観料をお渡しして、分福茶釜を見せていただきました

お寺の宝物なので撮影不可です

お客さんが何十人来ても充分にお茶を振舞うことが出来そうな、大きな茶釜でした
タヌキの成獣より、もしかしたらサイズが大きいかしらん?
そーっと静かに見ていたけれど、シッポもオヒゲも出て来ませんでした。残念w

009P1150038.jpg



お寺の其処ココにタヌキグッズがいっぱいです
タヌキが出てくる昔話の本や、新聞、ポスターなども。

007P1150041.jpg



とっても可愛かったタヌキ鈴♪
手前のタヌキ鈴は、高めの音
奥の茶釜鈴は、少し太くて金物らしい音 が鳴ります

008P1150042.jpg

山歩きのときの「クマ鈴」に良さそうで
用途違いですが、茶釜鈴をひとつ購入しました
だって、いい音なんだもの♪(バチアタリとは言わないでね)


🐻🐻

茂林寺の参道で、嬉しい出会いがありました。

写真の手前ひだり側、「きりかぶ」店 をガラス越しに覗き見たら、
温かみがあって可愛い木工製品が沢山並んでいました。

010P1150029.jpg

何処かでこの作品たちを見た覚えがあるのだけれど、何処だっけ・・・?と
頭の中「???」でいっぱいのままお店に入ったら、
昨年生まれた甥っ子にあげたいなと考えていた、カスタネットに遭遇!

011-IMAG2706.jpg

minneに出品していらっしゃる工房さんのお店でした♪

minneで クマにするか、イヌにするか、ライオンのカスタネットにするか
実はしばらく迷っていましたの

思いがけず、実際に並べて見比べて購入することができて大満足♪
作り手さんにもお会いできて、これまた満足♪

手に持ってほんわかとする木のおもちゃ♪
それを作られる職人さんは、ほっとさせてくださる笑顔のオジサマでしたし
お店番をされていらしたお母様もやさしそうな方でした♪

心残りは、甥っ子の名前をウロ覚えだったコト
「5分くらいで名入れしますよ♪」と言っていただけたのにぃ
名前入りのカスタネットなんて、世界にひとつのプレゼントじゃんねぇ・・・
(親に連絡つかなかったので名無しで購入しました。去年一度しか会ってないから、名前うろ覚えでも仕方なし~w)







この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
おはなとらいととみすのおはなし
- 2019/11/22(Fri) -
イルミネーションを見に行った日のお話

ただライトが光るだけでなく、
それぞれのライトがそれぞれのお花の形であったコトが、さらに素敵でした

バラ園ではバラのライト

001P1140897.jpg


スイレンの池ではスイレンのライト

002P1140898.jpg


藤棚のライトは

003P1140904.jpg


藤の花房のように、沢山のライトが下がっています

004P1140903.jpg


点灯すると、まさに藤棚の風景でした☆

004P1140915.jpg




さて。

そんなお花を撮ってる 「風」 を装って
鼻の下のばして、で~れで~れしてるクマとヒト

005P1140899.jpg


デレデレのカメラの先には・・・

006P1140900.jpg




ミスコン世界大会の出場者たちが来ていました
この日、市内を巡っていたそうです

007P1140901.jpg

顔ちっちゃーい! 目が大きーい! 手足ながーい!
同じニンゲンと思えない。
キラキラ未知な生命体が集団で突如舞い降りたかのような、そんなキラキラ空間が出来上がっていました

 DD 「世界ミスに囲まれてるオイラ~~~~♡♡♡

008P1140902.jpg
囲まれてる妄想をして隠し撮りしてるダケです



キュート!とか言って、一緒に写真撮ってくれないかな、近寄ってきてくれないかな って、
クマを普段よりも 高々と! 抱えて歩いたヒトダンナでしたが・・・



えーーー
見向きもされなかったDDとヒトダンナ、
キラキラのお船に乗って、傷心の旅へと出航いたしましたとさ

009P1140920.jpg


 DD 「みんな自撮りしてばっかだったー!!オイラの事見てくれなかったー!!

010P1140922.jpg

妙なクマ抱えた日本人のおっさんと写真撮ろうなんて、あんまり思わないよねぇ・・・


いやぁ、でもほんとに美しくって
こういうお城って、こういう姫が住むための物なんだろうなー とか思ったり

012P1140939.jpg

世界美の基準をはじめて目前にして、
ただただ「すごいなー」と、、、面白かったです

園内は数十人のミスたちが至る所で自撮りしてて、
写り込まないよう隠れるのが大変でした。

相当気を使って歩いたけれど・・・ まさか彼女たちのインスタとか写り込んじゃったりしてないよねぇ・・・ そういう要らないのが映ってる背景は使わないだろうと思いますけど・・・ 怖いからマスクして歩きました。

013P1140950.jpg

サンタさんがお留守のソリ
クマたちだけ乗せてもらって遊びました♪

11月はまだまだ人が少なく、夜になってもそれほど寒くなく
イルミネーションを楽しむのにちょうど良い夜でした☆


🐻追記~
これ書いてからキーワードを変えて検索したら、ミス達のインスタに、メイが入ったクマバッグと、ピンぼけたヒトダンナと、あもの後ろ姿が映り込んでるのを発見しました。ひえぇぇぇ





この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
あしかがフラワーパークのイルミネーション *栃木県足利市
- 2019/11/20(Wed) -
あしかがフラワーパーク へ行きました

001P1140905.jpg


この季節、お花はあまり咲いていなくて

002P1140914.jpg


お花と撮れる場所が限られていましたが、
003P1140912-2.jpg


だんだん、日が沈み始めると・・・

 メイ 「電気ついたー☆

004P1140915.jpg

005P1140936.jpg



こーんな、素敵なイルミネーションが見られます。
これを狙って、15時半からの夜チケットで入場しました。

006P1140959.jpg



 メイ 「日本の三大イルミネーションだそうで~す☆

007P1140960.jpg



 メイ 「キラキラいっぱいで、すーっごい綺麗なの!!

008P1140966.jpg


  メイ 「これじゃぜんぜんメイ写って無いじゃない!!

010P1140974.jpg

普通にオートで撮ってたら、ぜーんぜんメイの顔がわからなくて
フラワーパークの探索中、カメラの設定も探索して歩いてました

009P1140970.jpg


よし、これならメイも綺麗に見えるでしょ
最近のカメラは優秀過ぎてついていけません

011P1140979.jpg



はい、ツーショット♡

012P1140982-2.jpg



  メイ 「このライト、うちにも欲しい!!

013P1140984.jpg

バラの形のイルミネーションライト
これがいーっぱい並んでいる様子は本当に素敵でした
色もほんわかピンクだったりで(時間によって変わります)、メイじゃなくてもちょっぴり欲しいなって思いました~






この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
社殿も鳥居もカラフル綺麗な足利織姫神社 *栃木県足利市
- 2019/11/19(Tue) -
名前と社殿の外観から
詣でるだけで美人になれちゃうような気がする~!! と思った神社へ行きました
※あもがそう思っただけです。そんなご利益は書いてありません

 クマS 「記念しゃしーん☆

001P1140872.jpg


足利織姫神社

002P1140868.jpg

真っ赤な柱に緑色の屋根、シンメトリーな美しさ☆
しかもこの日は快晴! お空真っ青! 綺麗!


日帰りバスツアーなどの観光地になっているらしく、人波が途切れません

 メイ 「こっちからも撮ってー♪

003P1140889.jpg

ただ、お山のてっぺんには社殿とお札などの授与所しかありませんので
みなさまあまり長居されません
待ってるとこんな風に、社殿だけの背景で撮れました



そう。ここはお山のてっぺん。

004P1140846.jpg

005P1140848.jpg

階段をのぼってのぼって、あの美しい社殿を目指します。

 メイ 「229段・・・

006P1140849.jpg

毎日ここを上り下りしたら、嫌でもスタイル美人になれそうです
それで素敵な名前がついているのかしらん(あもの妄想です)

 メイ 「抱っこ!

007P1140852.jpg

クマはいいよねぇ~
何処でも抱っこで連れてってもらえるんだものねぇ~

008P1140863.jpg


 DD 「ヘイヘーイ♪

009P1140862.jpg



息はきれましたが、229段ものぼったので
こーんなスカっとした景色を眺める事ができました

010P1140880.jpg
メイ&あも お揃いパーカーズです
メイとツーショット撮ろうと思ったのに、DDまで抱っこさせられた



ここで面白かったのは、石段以外に、比較的ゆるやかな階段の道もあって
そちらには 七色の鳥居 が並んでいたことです

011P1140892.jpg

水色・・・ 黄色・・・ 緑・・・

012P1140894.jpg

紫・・・ そんな色の鳥居、はじめて見ました

013P1140895.jpg



足利織姫神社におわすのは、縁結びのカミサマ
七色の鳥居にはそれぞれ違ったご縁があって、ここを全部くぐると七つのご縁が結ばれるのだそう

014P1140896.jpg

下り道で、ザクザクと潜り抜けちゃったけど、そんな歩き方でも大丈夫だったかしらん

カラフル鳥居が並ぶ様子も見て楽しい神社
上も下も途中の階段も、全部が絵になりそうな神社でした




この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
おっきなガンダムがお出迎え~ *栃木県壬生町
- 2019/11/16(Sat) -
おもちゃのまち バンダイミュージアム へ行きました

建物へ入ると同時に目に飛び込んでくる大きなガンダム☆
チケット買う前からウキウキします

 若ダ 「撮って撮って!!

001P1140802.jpg



建物前にも、こーんな方々がポーズとっていらっしゃいます

 DD 「へーんしんっ とおっ

002P1140797.jpg



こちらのガンダム
高さ5・6メートルで、原寸大の胸像 だそうです
ガンダムの内部に入ったらどんな感じかなーなんて、ちょっと想像しちゃいました

 クマS 「ガンダム乗りたーい!!

003P1140808.jpg
一般クマは柵の前までねー


 DD 「オイラ、ガンダム操縦したいゾ!

004P1140811.jpg

ガンダム世代のヒトダンナ、DDと一緒に大興奮でした



あもは、ガンダム見てなくて・・・
ウルトラマンなら見てました。

そして、ウルトラマンのお人形(硬質ビニール製の)持ってました
一人っ子なのに、何故あった?

 若ダ 「シュワッチ☆

005P1140814.jpg



 メイ 「メイはこっちの方が好き~♪

007P1140816.jpg

女の子用のおもちゃも、たーーーーーっくさん♡
ほんわかとしてココロが踊ります

008P1140841.jpg


 メイ 「月にかわっておしおきよ♡

009P1140839.jpg



人類の歴史、イコールおもちゃの歴史 かもしれない
だって、子供だったら何かしら、いつの時代もおもちゃで遊びますものね

010P1140836.jpg

どんどんオモチャが進化していく様子がみれて、面白い展示でした
初代たまごっちも並んでました
持ってたのと同じ水色のが並んでて「あれ何処しまったっけー!?」って記憶を探りました



こちらは、エジソンミュージアム
トーマスエジソンの年譜や、発明品のコレクションが見られます

011P1140817.jpg

エジソン=電球を発明、しか覚えていなかったけれど
会社を興して白物家電的なモノを作ってブランド名を付けて販売してたとか、
沢山いるライバルに、音響のビクター創業者が居たとか、そんなお話も知れて興味深い展示室でした。

今使っている数々の便利な日用発明品の基礎は、この時代から作られてきたのですね
思いがけずお勉強も出来ました。
子供向けの説明だったけれど、オトナの方が楽しめるかも。



でも、やっぱりメインはキャラとの遭遇

012P1140827.jpg


 若ダ 「オモチャ買って買って!ウルトラマン買って買って!!

013P1140838.jpg

たくさん展示されているオモチャは、販売品ではありません。
このミュージアム内におもちゃ屋さんが併設されていたら、思わずお金を使いこんでしまいそうです
・・・が。
お店は見当たらなかったので安心して歩いていられました

お孫さんへのクリスマスプレゼントを物色しにきたと思わしきご夫婦は
「ここは売ってないんだな。近くのおもちゃ屋って何処だ?」と、横で会話されてました。
公式ネット通販のチラシとか入場者専用のクーポンとか、ミュージアムのチケットと一緒に配ったらいいのに・・・なんて、ちょっと思ってみたりして。
だって、見たら欲しくなっちゃうもの・・・ でしょ?







この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
お詣りしたからジャンボ買いましょ *栃木県真岡市
- 2019/11/15(Fri) -
コグマ引き連れ北関東の旅~
朝いちばんに、大前恵比寿神社 へ行きました

001P1140755.jpg
早い時間は人が居なくて自由に遊べるものの、写真が色補正してもイマイチで難


ここは、立派なお社の横に
大きな恵比寿さんがデーンとお座りでして、、、

002P1140752.jpg



 若ダ 「なんだか親近感のあるお顔~

003P1140759.jpg

大きくて迫力があるのだけど、どこかですれ違いそうなお顔に見えました。
関西のお笑いさんに、こんなお顔の方おられませんでしたっけ?



 若ダ 「金運招福!商売繁盛!おねがいしまーす

004P1140767.jpg

若旦那の後、ヒトダンナもしっかりここに顔をはめて、ご利益祈願してました。
(はめるとご利益になるのか?)

年末ジャンボは、来週水曜日から発売されるそうで
今年は買っとくべきかなーと、クマヒトうししと目論み中。
当たっちゃったらどうしましょう~~~★


お詣りするべき本殿は、コチラです。

005P1140790_20191115164350797.jpg



朱塗りに見事な彫刻の、綺麗なお社でした。
高額当選者が、たくさん当選御礼の寄進をしにいらしてるのかも~

008P1140769.jpg



連休中は、七五三詣りでにぎわってたそうです。

 DD 「オイラもカッコイイ着物で撮りたかったゾ!

007P1140776.jpg
DD三歳直前記念の一枚


御神木は、大きなスダジイ
元気に茂ってます

009P1140791.jpg



お社の周りに、他のカミサマのお社も並んで建っています
この場をグルッと一周するだけで他のトコにも参拝できる、ショッピングモールみたいな便利な神社

010P1140784.jpg



その中に、インパクトのあるお社がありました
足尾山神社末社

011P1140792.jpg

交通安全のカミサマだそうで
バイクの置物などがお供えされてました

012P1140795.jpg

お社となりのガスボンベみたいなのは、なんでしょう・・・?

天狗さんたちと一緒に写真が撮れます
走るのが好きな方へおススメです

013P1140794.jpg



 若ダ 「狛犬さんがいました~

014P1140781.jpg

貫禄のお顔で護ってます

015P1140782.jpg


ガオーといい顔で、パシパシ撮らせていただきました
狛犬って好き♪

016P1140777.jpg


狛犬じゃ無いけれど、こんな可愛いコも居たのでパチリ

017P1140789.jpg

お目目がキラキラです
道中苦労することなく、楽しくお出掛けできました





この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
益子の秋の陶器まつりへ *栃木県益子町
- 2019/11/13(Wed) -
茨城県で 笠間焼 を楽しんだ翌日は
栃木県へ 益子焼 を捜しに行きました。

焼き物市のハシゴです。
楽しい楽しい♪



朝8時半頃
お店の方たちは店番しながら朝ごはんの最中でした。
駐車場で時間をつぶして、9時を過ぎてから行動開始~

午前中だから、このくらいの人出。 お昼過ぎたら超混雑。

002P1140712.jpg

メイン通りはホコ天に なりません
普通車も大型バスも通行しますので要注意


 若ダ 「アビーロードみたいに撮って♪

001P1140715.jpg
無理。





個人作家さんの出品テント、
窯元さんの蔵出し直販(大量に器が並ぶ)、
メイン通りにお店を構える陶器屋さんはそれぞれ店内セール中、
ありとあらゆる器物に、飲食物やインテリアなど雑貨が並んで、すごかったです。

益子の陶器市へ行くのは2度目ですが、いまだに全容がつかめません
おもしろーい♪


 ヒト旦「おい、どれにするんだよ
 若ダ 「えーっとね、うーんとね。。。

003P1140711.jpg
悩むクマとヒト

出店が多すぎて選べません。
迷ったアイテムは、後でまた戻ってくる時のために写真に撮らせてもらいました。
・・・そうしておかないと、その場所へ二度と戻れない。。。
撮影して置いても・・・ 迷子になって彷徨いました。
※写真撮影は不許可のお店も多いのでご注意を。


11月4日、紅葉はまだまだでした。

005P1140745.jpg
この細~い坂道にもテントとお客さんがひしめいてます。



今期の朝ドラは、陶芸作家さんのお話です。
いずれこういう窯も、ドラマの中に出てくるかしら?

登り窯 を見学しました。

006P1140738.jpg

区切られたお部屋の中は、このようになっているのですね

007P1140735.jpg

益子焼は、釜飯の器も有名です。
あぁ釜飯も食べたかったなぁ



🐻

お昼は、青色の器で提供されるお店で食べました。
陶知庵

009P1140721.jpg

010P1140723.jpg

メインのおかずと、ご飯を選べます。
唐揚げと、栗ご飯を選びました。

011P1140725.jpg
秋のプレートランチ 900円


陶器やさんのお隣で営まれるお食事処
ランチプレートも、湯飲みもお椀も、すべて青色の器です。

室内だから色が写せませんでしたが、やわらかいのに鮮やかで綺麗な青色でした。
寒色の器でお食事ってどんなかな?と半信半疑でしたが
爽やかオシャレで楽しく美味しいお食事でした。

 若ダ 「特製みそピー、美味しい~~~♪

012P1140733.jpg

この青色の器で
「たとえば真っ白なチーズケーキを食べたらすんごい美味しいんじゃなかろうか♡」
と思って器を物色したものの・・・
益子に居る間に選びきれませんでした。そして予算もなくなった。

青色の器は、次回益子へ行く時の楽しみにします。



🐻

笠間と益子では、若旦那がメインで遊びました。
というのも、今年の11月4日は 若旦那10歳の誕生日だったから♡

015P1140750.jpg

10年・・・
いろーんなトコ行って遊んでますが、47都道府県はまだ巡れていません。
まだまだ ゴールはココジャナイ
破れたりほつれたりするコトなく元気で居てくれるよう
大事に仲良く、これからも若旦那とお出掛けします♪



 若ダ 「コレ買ってもらったの♪

016IMAG2641.jpg

うさぎデザインの陶芸家さんのブースで
子供用サイズの可愛いお茶碗を買いました。
このサイズなら、ご飯を山盛りに盛って食べても大丈夫♪

可愛いお茶碗は、若旦那とあもの兼用といたしましたw



この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
文化の日は面白い *茨城県笠間市
- 2019/11/11(Mon) -
文化の日に訪れた笠間市は、イベントいっぱいで面白かったです☆

*陶と暮らし。 11/1~11/4
*笠間の菊まつり 10/19~11/24
*流鏑馬神事 11/3
(さらに、ストーンフェスティバルも芸術の森で開催されていたけれど、間に合わなかった)

街の其処ココで イベント開催中
ゆえに、お昼前後と夕方の渋滞はエライ事になっていました。


🐻


前述のおいなりさんランチのお店で、「流鏑馬がみられるよ」と教わったので
会場の小学校前へ移動しました。

 若ダ 「まだ誰もいませーん

001P1140648.jpg

小学校前の道路のうち1車線が今回のステージです
馬がケガをしないよう盛り砂をした、お馬の専用レーンが出来ていました。


 若ダ 「ボクの毛色に似た砂の色~♪

002P1140653.jpg

流鏑馬がはじまるまで、片方に残されたアスファルト道路は
片側交互通行で普通に車が走ります。

片方が砂の道なのも、その片側を車がビューンと走るのも、なんだか不思議な光景でした。



弓矢が準備されていました。
立派な矢羽をそーっと覗き見させていただいたら、それぞれに射手の名前が入っていました。
弓も矢も、大事に手入れされてツヤツヤです。

003P1140650.jpg
↑弓を弾くマネ



午後14時、笠間稲荷神社で神事を執り行ってから、
流鏑馬会場へ行列が移動してきます。
この行列が小学校前へ来たのが、約1時間後の15時ころ

鎌倉時代くらいの衣装を着た、武士や稚児の行列
お姫様のいない行列ですが、くっきり濃い色が並んで華やかでした
(射手に狩衣姿の女性がいたので、男性ばかりというワケではない)

005P1140683.jpg



う~ん、お馬さん璃々しい♡

006P1140687.jpg

全部で何頭来てたかな? 6~7頭は居たと思いますが、数えるの忘れたー

007P1140689.jpg



行列が済んだら、的の準備をして・・・

008P1140692.jpg



大きな白い扇をぐるりと回して(ゴール地点は赤い扇らしい)
準備万端 整った事を確認します。

009P1140693.jpg



 若ダ 「お馬さん来たよっ!!

010P1140696.jpg
初めての流鏑馬にコーフンのクマ


↑ツイッターだと、色も音もイマイチです

馬の走る姿って、全身が筋肉の塊り!! って感じで、カッコイイ♡
そして、矢が的中した時の音が、小気味よくてスカッとしました。

はじめて観覧したナマ流鏑馬、良かったですーーー♡



全部の競技(?)を終えたら、再び行列を整えて稲荷神社へ戻ります。

011P1140700.jpg

馬に乗る方って、背筋が伸びてて皆さんシャンとしてます。
猫背なヒトはいませんでした。見習わなくちゃ・・・


🐻


稲荷神社も参拝しました。
 若ダ 「笠間稲荷神社です

013P1140672.jpg

笠間の菊まつり
見事な菊の花の下では、お狐さんがオモテナシ~

014P1140670.jpg

015P1140671.jpg


どれもこれも見事なお花です
賞をとるような優劣を決める決定的なポイントって、どこなのでしょう

016P1140679.jpg



こちらは稲荷神社近くの
かさま歴史交流館 井筒屋

017P1140662.jpg

歴史ある建物を市が買い取って、
イベントスペースやカフェにしたのだとか。

018P1140656.jpg

見事な装飾でたくさんの方が訪れていました

019P1140660.jpg

 若ダ 「イイ香りでいっぱいだったよ♪



この後、郊外のだるまさんを見に行きたかったのですが、時間がなくなってしまって今回は断念。
また次の機会に訪れたいと思います。

そこには、世界最大級のだるまさんが居るのだとか~★




この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
陶と暮らし。の陶器市へ *茨城県笠間市
- 2019/11/09(Sat) -
連休とれたので、ふらっとぷらっと北関東方面へ・・

興味があれどもなかなか出来ない
「陶芸・焼き物」を探しに、出掛けました。

 若ダ 「笠間工芸の丘です。朝いちばんに来ました~

001P1140623.jpg

茨城県笠間市で開催された 「陶と暮らし。2019」 を訪ねました。
(11月1日~4日まで開催。今年のイベントは終了してます)

出品者さんのテントが並んで、自慢の作品がいっぱいです
三角フラッグが揺れて可愛かったり、笠間焼の器でコーヒーが飲めるブースもあります。

002P1140625.jpg

朝9~10時頃は、こんな感じでクマと遊んでいられましたが・・・

お昼頃にはお客さんでいっぱいになり、器を見るだけで一苦労!
クマ入りバッグの大荷物は危険なので、早々にクルマへ閉じ込めました。

 メイ 「せっかく来たのにクルマでお留守番ばっかだったー!!

003P1140628.jpg



ロクロの実演を見学しました。

004P1140634.jpg

あっという間に、同じサイズのお椀が土から生まれ出ます。


目隠しで作ったら・・・
ちょっとサイズがズレちゃっていましたが、それでも綺麗な器でした

005P1140636.jpg

いいなぁ
電動ロクロでシュルシュルル~っと、マイご飯茶碗をつくってみたい♪



笠間といえば 笠間稲荷
お稲荷さんといえば 稲荷ずし♡

いなり寿司が食べたくなって
笠間工芸の丘 南駐車場 から歩ける距離のお店でランチしました。

グランパとグランマのお店
外観はHPでご覧ください。周遊バスの時間が迫ってて外観を撮りそびれた・・・

009P1140644.jpg
いなり寿司セット 700円

甘辛くて香ばしい匂いが鼻をくすぐりまくる稲荷ずしが、ドーンと3つ乗ってます

浅漬けと煮物とフルーツのマヨネーズ和えに、
お吸い物とデザート、食後のコーヒー・紅茶もセット
すんごく!! お腹いっぱいになりました。美味しかった♪

 若ダ 「いい香り~~~♪♪♪

010P1140645.jpg

シニアNPO運営のお店で、スタッフはみなさま高齢の方々です。
それがまた、お店のいい味を醸し出していらしてて~♪

お料理が届くまで、テーブルに笠間の地図を広げていたら
「こっち行くならバスがいいよ」
「今日はココで流鏑馬がみられるよ」 ~と、沢山教えてくださいました。
焼きたて甘栗(熱々!)も 「これ試食♡」 と頂いて、美味しくて楽しくて居心地よかったです。

006P1140639.jpg
007P1140640.jpg
008P1140641.jpg
メニューはクリックすると拡大します




陶と暮らし。会場で見つけたモノは、キャンドルポット☆

火を使ってアロマを焚くタイプのポットって、最近は見かけなくなりました。
(スティックタイプのオイルフレグランスか、電気式ポットが多い)
昔は100均でもキャンドルポットがありましたけれど・・・
火事が心配だからかな。



フクロウさんが仲良く並んで、お空を見上げているポット♪

012IMAG2624.jpg

本体とキャンドルホルダー、
アロマオイル用の深皿と、茶葉を焚く用の浅いお皿、
キャンドルと、オマケの電池式キャンドル が、全部セットです

011IMAG2622.jpg

黒く光る色がとっても綺麗☆
「焼肉や鍋料理の後で茶葉を焚くと、消臭効果もあっていいですよ」と作家さんが仰ってました。

早速 賞味期限をとっくに過ぎちゃったお茶ッ葉を出して焚いたら、
お部屋の中が、香ばしいお茶屋さんのような空間 になりました。
緑茶・・・カテキン・・・ 風邪にも効くかしら?

013IMAG2627.jpg
良いコグマはフクロウポットさんから30cm以上離れます

アロマオイルより、茶葉を焚く方が安上がりだわ。
・・・と、頭の中でソロバンも弾いた、キャンドルポットとの出会いでした。

この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(2) | ▲ top
あっつーいので、ちょっと涼しくなれる?掛け軸を *石川県穴水町の来迎寺
- 2019/08/12(Mon) -
猛暑酷暑が続いています
何をしても暑いー ので、
本日は、「そういえば写真撮って、載せていなかったなー」の、思い出しネタのご紹介。

撮影日は、2018年 5月3日
去年のGWに、能登半島を旅した時のお話です。

 若ダ 「来迎寺にお邪魔しました♪

001DSCN0391.jpg

福井~石川~富山 を、ぐるーっとドライブしていた時に立ち寄ったお寺さん
位置は、能登半島の半分より上側(北側)です。

山門前に階段が伸びる佇まいが素敵☆

002DSCN0389.jpg

ここへは、石川県指定の天然記念物
「ライコウジのキクザクラ」を見学に立ち寄りました。

003DSCN0394_20190812112619370.jpg

残念ながら、お花はほぼ終わりかけの時期でしたが
それでも、紙でつくったお花のポンポン飾りのように
(幼稚園や小学生の頃、〇〇会となると必ず作った薄紙で作るお花飾り。あれは何という名前なのでしょ?)
ふんわり丸く咲いた桜のお花をいくつも見る事ができました。

名前はキクザクラ・・・ でも、牡丹みたいにも見えます。
ほわーっと咲いて可愛かったです。

満開の頃には、枝が重たそうに見えるそうです。
その時期を眺めてみたい♪

004DSCN0395.jpg


ちょうど「お花まつり」の期間だったか、準備中だったのかな・・・?
中もどうぞとお声をかけていただいたので、本堂など見学させていただきました。

手作りのつるし飾りや兜が飾られていました。

007DSCN0402.jpg



そして、「こちらも珍しいと思いますのでどうぞ」と案内していただいた、
二幅の掛け軸~♪

006DSCN0416.jpg

丸山応挙作と伝わる、幽霊画が
二幅並んで掛けられていました。

歴史の教科書で、こういう幽霊画を見たことはあったけれど
本物を間近に目にしたのは初めてです。

せっかくの機会なので、掛け軸前で正座して鑑賞しました。

 若ダ 「・・・

005DSCN0415.jpg

どちらも供養の為、こちらに持ち込まれたそうです。

写真撮影大丈夫ですよ、と言って頂いたので
若旦那の鑑賞風景だけでなく、それぞれの掛け軸のお顔のアップ写真も撮った ツモリ だったのですが。

おかしい。
アップ写真はそれぞれピンボケしちゃって、判る写真がありませんでした。

???

幽霊掛け軸の写真を撮るのに、あもの手が震えたものか?
それとも幽霊さんたちが、素人あもにアップで撮られるのを嫌がられたものか?
ちょっぴりヒヤッとするんだかしないんだか分からないくらいビミョーな、
幽霊さんとの涼しくなれそうななれなさそうなお話 でゴザイマシタ。

彼女たちのアップ写真は、お寺のHPに綺麗に掲載されています。


炭の濃淡で描かれた幽霊画は、午前中の明るい時間に鑑賞したので怖くありませんでした。
足元がかすれたような、消えてしまいそうな
すぅ~~~~~っ と立ち上がってるような?
細~い線が 涼しげで綺麗でした。
団扇で扇いだら、ふたりのやわらかそうな髪が風にフワリとなびきそう。



さて。
来迎寺は、庭園も石川県指定の名勝です。

本堂の裏手の山?へ、廊下(勾配キツめ)が伸びていて、

009DSCN0406.jpg

そこから見えるお庭も、眺めてボーっとしていたくなる景色でした。

008DSCN0411.jpg


窓辺に座って足をブラブラさせながら
上ってくる風を受けて・・・ お昼寝したくなるような、そんな場所でした

 DD 「足伸ばせて気持ちイイー♪

010DSCN0409.jpg

 若ダ 「他の季節は何かお花が咲くのかな

011DSCN0405.jpg


こんなふざけた格好のクマも「可愛い」と迎えていただいて
お寺のみなさま、ありがとうございました。

012DSCN0398.jpg
撮影日:5/3

キクザクラは、4月の方がもっと見頃なのかもです。
いつかGWより前にまた、能登半島を旅する事があったら・・またお邪魔して
次はサクラのライトアップを見てみたいです。



この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
見事な紙ねんど細工がいっぱい☆おとぎの国美術館 *新潟県十日町市
- 2019/08/10(Sat) -
長岡の花火へ行く途中でのお話

関越道を降りてから長岡市へ向かうまでの間に、
気になる美術館を見つけてお邪魔しました。

おとぎの国美術館
紙粘土でつくられたお人形たちの美術館です。

001P1130106.jpg

美術館は、織物会社の3階です。
1~2階では、職人さんたちが
友禅の染付けをしている様子を少し覗き見る事ができました。
(それも興味深くて、できればずーっと眺めていたかった)


1階でお出迎えしてくれたうさぎさん♪

002P1130153.jpg

お耳にかんざしを、つまみ細工の帯飾りも付けています。
着物や帯は素朴な色だけれど、キラキラとした赤いお目目によく似合っています。
この着こなしのポイントは、きっと「赤色」♪

003P1130155.jpg



美術館へ到着できる時間が分からなかったので、
とりあえず開館しているかどうかだけ、前日に問い合わせをしたのですが・・・

美術館専属のスタッフさんは、もしかしたら決まっていないのかしら?

見学している間、工房の職人さんおひとりの手を止めてしまう事になるみたいで
本当は、予約してから見学へ行くのが良かったようです。
(そうとは知らず・・・突然お邪魔してしまいました。こころよく見学させていただいてありがとうございました)



写真撮影は一部を覗いてほとんどOK☆
たくさん撮り過ぎて選びきれませんでしたので、今日は掲載枚数多めです

004P1130149.jpg

源氏物語、それぞれの印象的な場面や登場人物を表現した紙ねんどびな
お話の内容は、名作「あさきゆめみし」で全て網羅しているつもりでしたが・・・


「横笛」ってどんなシーンでしたっけ?

005P1130151.jpg

・・・と思ったので、ググってあらすじ読みました。ネットって便利。
着物の模様もそれぞれ素敵でした



小倉百人一首の歌を表現したお人形たちも

006P1130135.jpg

この紙ねんど細工をつくられた作家さんは
もとは織物工場の社員さんだったそうで、そのご縁でココへ美術館ができたのだとか。

007P1130136.jpg

お人形たちの着物が綺麗なのは、織物工房の方だったからなのかな



きらびやかな平安絵巻のお人形がある一方で
こーんな庶民的なコたちも、きゃっきゃと遊んでいたりして♪

 プチルー 「混ぜて~♪

008P1130116.jpg



タイトルとお顔の表情が秀逸♡ ( ̄m ̄〃)ぷぷぷ

009P1130113.jpg



神話の世界も広がっていました。

010P1130121.jpg
ヤマタノオロチの首、それぞれが勝手にうにょうにょ動き出しそうです。


因幡の白うさぎは、、、
うー痛々しい。真っ赤じゃん。

011P1130119.jpg
これにも「わるさ もうしません」というサブタイトルを付けて、似合うかも


屏風サイズのこーんなド迫力龍もありました。
これも紙粘土だそうです。

012P1130109.jpg

 プチルー 「ひょえーーーーーーっ

013P1130112.jpg

ギラリとした目、ゴリゴリの牙、手指の爪はすんごいリアルで尖ってました。
真正面に立つと・・ ちょっとね、威圧感凄かったです☆


これは、町の12か月を表現したうちのひとつ
紙粘土って、なんでも作れるのですね。

015P1130126.jpg



 プチルー 「あら、ころがってる♪

019P1130138.jpg



最後に、たくさんの中から特に「コレ好き♡」と思った作品3つ

016P1130132.jpg

いーち、にーぃ、さーん・・ と数えながら見て行って・・・

017P1130133.jpg

ラスト8番目のコのドヤ顔が たまらニャい♡

018P1130134.jpg



イヌのおまわりさんは、ほとほと困りきってました。

020P1130142.jpg


美しい額絵・・・「絵」と呼んでいいのかしら?

022P1130145.jpg

一つ一つが立体的に浮き上がって見えます
着物の袖の翻る、そんな動きが見えるような様子も素敵
色も綺麗で・・・ 素晴らしかったです

023P1130146.jpg



作者さんは、もしかしてウサギ好きなのかしら?
うさぎまみれなコーナーも♪

024P1130123.jpg

撮影不可の作品の中には、ドラマの主人公を模したお人形たちがありました。
有名俳優さんたちのお人形、彼らもよく似ていて
ドラマのテーマソングが ふっと頭の中に流れてくるようでした。
日本だけでなく、海外の俳優さんたちも居ました~

紙粘土のお人形たちに囲まれる美術館、
いろんなテーマがあって、作品の表情も様々で、とっても面白かったです♡




この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
長岡花火大会へ
- 2019/08/05(Mon) -
 DD 「あっちーナー💦

001-IMAG1891.jpg

涼しかった7月がウソみたい。
突然猛暑日ばかりになると、カラダがついていけませんが・・・

2年ぶりに、長岡花火大会のチケットが手に入ったので
夏バテを無視して、新潟県へお出掛けしました。



ヒトダンナの都合で、今年は強行スケジュール★
でも、時間に余裕をもって無料駐車場へ到着できました。

ここの駐車場の開放は15時からと書いてあったけれど
15時ちょいすぎに着いたら、すでにかなりの台数が停まっていて・・・ちょっと焦りました。
もしかして開放時間が早まったのかしらん?

 ルー 「着いた~♡
 はな 「はなびまだ~?
 DD 「あぢー・・・

002-IMAG1880.jpg
ドキワクのルー&はなと、グッタリのDD&運転手



お耳が大きくてなかなかお出掛け出来なかった うちのルールーちゃん、
今回が、はじめての旅行です。

 ルー 「新しい浴衣を着てきました♡

003-IMAG1898.jpg

同じ絵柄の「かくれんぼウサギと毬」柄ユカタは、minne出品中です(宣伝)

花火大会なら、会場へ着いたあとはゆっくり座っているだけなので
お耳が大きいルールーも、不自由しないだろうなと・・・



 はな 「はなも来たでしゅ♪2回目でしゅ♪

004-IMAG1895.jpg
真夏のお出掛けは、ちびっこ組の方が選抜率が高い



 ルー 「みんなバスに乗ってるケド・・・

005-IMAG1882.jpg


 ルー 「まだ行かなくていいの?

006-IMAG1883.jpg
いいのいいの、暑いから


無料駐車場は、会場から少し離れた位置にあるので
シャトルバス(有料)に乗って、河川敷の近くまで移動します。

みんな、クルマを停めてスグに会場へ向かって行っちゃうのだけれど・・・
会場の河川敷は陽射しを遮るものが無いし
駅周辺へ行っても激混みです。

なのでしばらくは、近くの木陰にチェアやピクニックマットを広げて、
凍ったペットボトルで涼をとりながら、ゴロゴロ待っている方がラク。

・・・というのを2年前に学んだので、今年もそうしました。
木陰&芝生の組み合わせは、体感温度がだいぶ違って感じました。



時間をつぶして、18時すぎ。

 ルー 「着きました~♡

007-IMAG1913.jpg

信濃川の河川敷は
既にお客さんがいーーーーーっぱい!!

今年の花火も素晴らしかったです♡

008-IMAG1918.jpg
↑ルールーのお耳

そして今年も、口を開けて( ゚ ρ ゚ )ボーゼンと、ただただ魅入ってきました。



と、したかったトコロですが
今年とれた席は打ち上げ場所に近く、風の影響も相俟って、
花火のカケラと灰が降り注ぐ位置だったようで・・・

「うわ~」と感嘆すると、その後口の中がジャリッと言うので、口を開けないよう頑張りました。
ちょっと派手に打ちあがった数秒後から灰が降るので、うんと目を薄くして花火を観ました(それでも目に入って痛い)
数センチサイズの 灰?カケラ? が降るのが宵闇に見えるので
ルールーちゃんは、バッグの中に入れてキッチリファスナーを締めときました。
白いシャツは、花火大会終了後に、灰?炭?の水玉模様が付きました。

2時間、大変でした。、、( ̄▽ ̄;)
次回は、レンズの広いダテ眼鏡かゴーグルを持参しようと思います。
ミニオンゴーグルを買っておけばよかったと、新潟で後悔するハメになるとは思わなかったです。

ゴーグルつけてたら暑いかな?
でも、灰を気にせずずっと眺めていられたハズ。

今年の教訓をメモに残して
来年またチケットがとれたら、準備万端整えてお出掛けしたいと思います。
また見に行けるといいな☆




この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
コグマと一緒に岩手旅☆ 憧れのえさし *岩手県奥州市
- 2019/06/16(Sun) -
こどもの日にお出掛けした時のお話~

 若ダ 「 えさし藤原の郷 に行きました

001P1100268.jpg


 若ダ 「その昔~、あもがドはまりした大河ドラマで作られたロケ地が
     その後 歴史公園になったそうで~
     ずーっとずーっと来たかったんだって☆

002P1100327.jpg


ググったら、26年前の作品でした。
。。。ってことは、四半世紀越しの夢が叶ってお出掛け出来たってコト?


おかげで、学生時代はこの辺りの日本史にとっても強かったです。



その後の大河ドラマや、歴史モノの映画でも、沢山ロケ地として使われています。
朱塗りの柱が綺麗な 政庁 の真ん中で

 若ダ 「ここで撮りたいから、一番綺麗な羽織袴を着て来ました♪

003P1100284.jpg
平安時代は衣冠束帯や直衣スタイルだから、羽織袴ってホントは違いますよね・・・



 若ダ 「映画の出演者になったキブ~ン♪

004P1100271.jpg
大河ドラマでは源頼義を演じた役者さんがほんっとに憎たらしくて、ムキーッて思いながらTV観てましたっけ。お上手でした。


 DD 「じゃぁ、オイラは監督な♪

005P1100277.jpg
へなちょこ監督と源頼義氏




地方豪族が居住した、一般的な館の中も見学できます

 若ダ 「平安貴族キブ~ン♡

009P1100301.jpg



 若ダ 「お馬さんも居たよ

010P1100299.jpg
怖いから離れて覗くクマ



御所の庭には池もあって
ちょうど人が途切れたトコロを撮影できました。

012P1100313.jpg

実際には祝日で人がいっぱいで
お池の鯉と子供たちと、どっちが多いのでしょってくらい、この日は混み混みでした。



池の向こうに見える無量光院は、小さめに作られています。
ので、遠くに見えるような、そんなサイズでイイ感じ♪

 DD 「オイラも着物がよかったゾ

011P1100324.jpg



牛車に乗れば、陰陽師キブ~ン♪

013P1100335.jpg

映画 陰陽師もココで撮影されました。


ここで大河ドラマとか映画とか、撮影風景を見られる事もあるそうで・・・
この近くに住んでみたいなーと ふと思いました。
(寒いの苦手だから実現は出来まい)



政庁や御所の美しい建物だけでなく、こういった城柵も建っています。

006P1100295.jpg

この辺にくると、軍師官兵衛とか真田丸の時代♪

 DD 「オイラの刀、持ってくればヨカッター

007P1100297.jpg




郷土芸能「鹿踊」の公演を見られました。
人の背丈の倍の長さの、ささら と呼ばれる飾り?を立てて踊ります。
五穀豊穣や、悪霊退散を願って踊るそうです。

昔、一関か平泉の駅で、この衣装だけを見たことがあって
これ着て踊ったらどういう動きをするのかな、と思っていました。

014P1100283.jpg

頭を左右に振る仕草が多く、文字通り鹿のように見えます。
あんなに頭振ったら、あもは船酔いよろしく気分悪くなっちゃうかもなぁー と、余計な事を考えつつ・・・
滅多にみられない郷土芸能を興味深く観覧しました。


同じ舞台で、鹿踊の後にアンパンマンショーが行われる予定で
お子様たちの座席占有率が高かったです。
鹿踊とアンパンマンショー・・・ イメージが随分違うw



令和になってすぐの休日でしたので、こんなパネルで撮っていただきました

015P1100290.jpg


雲一つない快晴の空~

016P1100291.jpg


 DD 「オイラ、甲冑着てみたいゾ

017P1100333.jpg

今年はオリガミ兜、作ってあげなかったなー

時代劇好きには垂涎の藤原の郷
あぁーこんなお話も見たコトあったなぁー と、記憶を掘り起こしながら建物を見て回って
とっても楽しかったです。
また行ける機会があれば、次は普通の平日に、人のもう少し少なそうな時に見に行きたいなと思いました。





この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
コグマと一緒に岩手旅☆ 中尊寺金色堂へ *岩手県
- 2019/06/15(Sat) -
えさし藤原の郷で、奥州藤原三代に思いを馳せたら
ここは外せない、中尊寺

朝8時すぎ、すでにほとんど綺麗に掃き清められ、お掃除完了直前です。

003P1100339.jpg

坂道のお掃除は大変そうですねとお話ししましたら
毎朝毎夕のお掃除が修行ですので全く苦になりませんよ、とお返事が返ってきました。

う、見習わねば・・・(無理)



5月6日、ぼたん桜が咲いていました。

002P1100344.jpg

この奥は中尊寺の 本堂 です。

001P1100341.jpg



そして、有名な 金色堂 はこの奥☆

004P1100349.jpg

拝観チケットを買って、覆堂の中のキラキラなお堂を見学します。
金色堂は撮影不可
クマたちも、金色堂前ではバッグの中でおとなしくしてました。

藤原氏四代が皆さんココで眠っています。
亡くなってからもキラッキラのお堂の中で、さらには毎日大勢に見学されて、
こんなに豪華で落ち着かない(?)眠りを続ける一族って、日本では他に居ないのではないかしら?
(海外はタージマハルとかピラミッドとかあるけれど・・・それでも珍しいと思う)

どんな人たちだったのかな~と考えながら見学しました。



中尊寺 経蔵
青もみじが透き通って綺麗でした。
秋も見に来たいです。紅葉綺麗でしょうね。

005P1100351.jpg
このツンっと上を向いた屋根が好き


途中、白山神社で茅くぐり
お願い事をしながらくぐります。
DDとヒトダンナ、揃って何をお願いしたんだか。

007P1100356.jpg



義経弁慶にゆかりのお堂もありました。

008P1100365.jpg

弁慶が先勝祈願にお参りしたのだとか。

中も是非見て行ってね、と売店の方にお勧めされて覗きましたら
義経弁慶の木像に、天井画もカラフルで見応えがありました。

009P1100362.jpg

弁慶さんはゴツそうな、強そうなお顔。
本物はどんな人だったのでしょ

010P1100364.jpg



少なくとも、こんなへなちょこ顔ではありますまい。
 若ダ 「♪

011P1100366.jpg


写真撮る前に食べちゃいましたが
中尊寺のお土産屋さんで買ったかりんとう饅頭(確かこういう名前)が、
香ばしくて甘くて美味しかったです。
試食にもらって、その場で3箱買っておみやげにしました。
見事に試食の術中にハマっちゃった。
また食べたいなーと思ったので、余談に追記♪


この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ