FC2ブログ
2020 01 ≪  02月 1234567891011121314151617181920212223242526272829  ≫ 2020 03
みなみの桜と菜の花まつり・その2 *静岡県南伊豆町
- 2020/02/18(Tue) -
毎年楽しみにしている 南伊豆町のさくらまつり

2020年2月12日(水)
メインの道の駅付近の桜は満開でした
予定を早めてお出掛けできて良かったです

001P1170829.jpg
満開の桜柄の振袖をきて満開の桜の前で記念撮影


南伊豆町の樹は、枝ぶりがよくて、お花の付きっぷりもよくて
比較的のんびり楽しんで見られるので好きです

002P1170822.jpg



橋の上から見た風景
ホッとします

003P1170830.jpg

夜はライトアップ中☆

004P1170730.jpg

川面にサクラが映って見えて、とても綺麗です


夜の撮影は難しく
直接目に見える感動的な風景が、うまく写真にできないことがもどかしく感じます

005P1170731.jpg
夜のDDもうまく映らない


写真撮るなら、明るい時が一番

 DD 「ほー♡

006P1170844.jpg


菜の花畑で曇り空だったのが、この時はすっかり青空になりました
デート日和♡

007P1170833.jpg



クルマの中に常駐してる ちびクロニャンコ
たまには撮ってあげましょう

008P1170818.jpg

ネコ饅頭もね

009P1170820.jpg

ちっちゃいコと撮ると、桜のお花がモッコモコに見えます




花を背負って立つクマ

010P1170848.jpg

011P1170847.jpg

ジージャンにサクラ刺繍を入れてあげたら、お花見シーズンに似合うかな


昼も夜も楽しめるさくらまつり

012P1170726.jpg

素敵でした~
また来年も行かなくちゃ♡





スポンサーサイト



この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
みなみの桜と菜の花まつり *静岡県南伊豆町
- 2020/02/17(Mon) -
河津で桜を堪能したら
さらに南の 南伊豆町へ

さくら祭りのメイン会場・道の駅へ向かう途中に
毎年見事な菜の花畑が広がります

 メイ 「ココ好き~♡

001P1170768.jpg

お天気の良い日には、菜の花がキラッキラと眩しいほどの黄色い畑に見えます

この時は残念ながら薄曇りでしたが
それでもこの一面の黄色は・・・ 綺麗☆

002P1170740.jpg



ここに座ると、菜の花がふわっと香ります
全身が黄色く染まりそうなキブン♪

003P1170748.jpg



菜の花バックに、1クマずつ記念写真を撮りましょう

004P1170755.jpg


菜の花が光って、天然のレフ版みたいでしょ

005P1170761.jpg



 若ダ 「菜の花に映えるように、今年は紺色のアンサンブルを着てきたよ

006P1170771.jpg



菜の花の後は、ヒマワリ畑になると聞いてます
その種が残っていたものでしょうか
季節外れの小さなヒマワリもいくつか咲いていました

007P1170776.jpg



青野川沿いを、さくらまつりの本会場へ向かう途中
カラスとカニの闘いに出くわしました
とっても大きなカニ・・・ しかしカラスの嘴には勝てず

008P1170788.jpg



途中のベンチで一休み

011P1170798.jpg

本会場周辺の桜では、桜をこんな風に独占出来ませんもの

012P1170792.jpg



ちょっと気取ったメイちゃんと、

015P1170809.jpg


おひとり様ピクニック風のDD

 DD 「気持ちイイゾー♪

014P1170803.jpg

おひとり様キャンプが流行っているとテレビで観ました
DDにキャンプは無理だから、ピクニックで気分を堪能~♪



この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
河津桜まつりへ
- 2020/02/14(Fri) -
今年の桜の開花は早いッ

毎年楽しみにしている早春のお花見♪
予約しているお宿の女将さんから「既に桜が見頃になった」と連絡をいただき
慌てて予定を2週間前倒しして、出掛けてきました

 プチルー 「満開~♪

001P1170671.jpg
河津駅周辺の桜 2/11に満開の樹も



河津町の河津桜
この日、河津川の河口から駅周辺辺りまでの桜は、
枝の先端にツボミを残しつつも満開に近い樹が多く見えました

003P1170633.jpg

お天気次第ですが、今週末が一番見頃なのではないかしら



建国記念の日の祝日、
お昼頃に河津町へ到着して駐車場はほぼ満車でしたが(でも待たずに停められた)
大型観光バスは来ていませんでした

開花時期が大幅に早まってしまった事と
訪日外国人が減少している事から、
これだけの桜が咲いているのに、お花見客の数は少なかったのではと思います

外国語を話すグループとは、数組しかすれ違いませんでした
(いつもなら、日本語が耳に入ってくるコトの方が少ない)

004P1170660.jpg



お天気で暖かくて、お花見日和でした♪

005P1170649.jpg



メジロも大忙し♪

006P1170662.jpg




小腹が減ったので、たい焼きやさんの行列に加わりました

007P1170673.jpg



🌸桜たいやき 1匹220円

009P1170680.jpg

河津桜のピンク色に遜色のないピンク色の鯛
モッチモチの皮に、熱々のさくら餡が入っていて、さくら餡の塩加減が絶妙でした
ペロリとお腹へ消えました
もう一匹追加したかったかも

みんなタイヤキを頭上に掲げて、サクラと一緒に写メってました♪




上流側は、ツボミの方が多い樹もまだありました
でも、この写真の日の後も気温が高い日が続いていますので、お花見は早めにお出掛けされるのが良いと思います

010P1170702.jpg



河津川と河津桜

011P1170705.jpg



帰りの駐車場のそばで、見慣れないトリを発見☆
赤褐色のベストを着ているようなオシャレさん
数年前も、やはり河津で見かけた気がします

012P1170709.jpg
なんていうトリ?



菜の花と水仙も一緒に咲いていました

013P1170695.jpg

早春の伊豆半島
スギ花粉はまだ少なくて、例年よりもラクに桜の下を歩けました♪
いつもはスギ花粉のピークと桜の見頃が一緒なんだもの








この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
バームクーヘンが食べたくなっちゃう博物館 福井県年縞博物館*福井県若狭町
- 2019/12/20(Fri) -
※タイトルは、食いしん坊あもの個人的感想です・・・


🐻

「年縞」というコトバを、ここで初めて見聞きしました
「ねんこう」と入力しても、あおのPCでは漢字変換してくれません

福井県年縞博物館

006P1160100.jpg

福井県で何処を観光しようかとググってて
まだまだ出来立ての博物館があったよ と行ってきました
昨年(2018)9月にオープンした、新しくて綺麗な博物館です

 メイ 「建物オシャレ~☆

007P1160101.jpg



「年縞」とは、湖底の堆積物のシマシマ です。

福井県三方五胡のひとつ「水月湖」は、
このシマシマが、湖底45メートルにわたって綺麗に積み重なっており
(世界で類を見ないのだとか)
その堆積物のシマシマ期間は、およそ7万年分

この7万年分のシマシマをボーリングで採取して、研究展示しているのがこの博物館です

008P1160119.jpg



このシマシマが「年縞」
コレを45メートル分も眺めてると、バームクーヘンが食べたく・・・
なりませんか? なるでしょう? 色的にもバームクーヘンに見えるでしょう?w

009P1160106.jpg

上の写真で、青色に見えるのは虫の死骸だそうです
長い年月をかけて分解されて、藍色になったのだとか



下の写真で、プレートに矢印が書かれている部分は 大地震 の痕跡
地滑りによって一度に大量に堆積物が溜まり、ぶ厚い層になったトコ

010P1160122.jpg
新設博物館なので、まだまだ手書きの注釈が多い

011P1160121.jpg

QRコードで、その時代の解説をスマホで読み取れます
おまけ解説のパネル展示が無いから、博物館なのにスッキリとした館内でした
近代的☆

011P1160107.jpg




年縞博物館は、シマシマ内外装
壁も屋根も床も、みんなシマシマ~♪

012P1160115.jpg




顔だしパネルも、しましまニャンコ
にゃんころ博士 というそうです♪

015P1160103.jpg

地球の成り立ちとか歴史の「モノサシ」に出来る年縞の発見で
たとえば、縄文土器がいつ頃に作られたモノなのかの年代特定が出来るようになりました
(成分を調べるという)

隣接する 縄文博物館の展示物の年代が、さっそく修正されて並べられていました

016P1160124.jpg
この中は撮影不可

くり抜いた丸木舟の展示など、こちらも面白かったです



これらの博物館は、縄文ロマンパークの中に建っています

001P1160090.jpg

広い公園
朝いちばんに行ったので、ヒトもまばらでした

002P1160092.jpg
朝早すぎて寒かった・・



縄文時代の竪穴住居
中に入れます

003P1160094.jpg

 若ダ 「ボクここだよー

004P1160095_20191220160615377.jpg



年縞シマシマで、うんと遠い過去の地球に思いを馳せて
それより少しだけ身近な縄文時代の建物の中で暖をとって(風が入らないから早朝は少しだけ暖かい気がした)

005P1160096.jpg

興味深い博物館で良かったです。


🐻🐻

年縞博物館2階に、喫茶店が併設してます
ここでバームクーヘンセットなんて食べられたらいいのにな~
なんて思いながらポスターを眺めてました

001P1160110_2019122017560383b.jpg

実際のメニューは、ランチ、珈琲、季節のケーキなどのようです(カフェは10時からだったので入っていません)

ケーキでシマなら、ミルフィーユ
パフェも、いろんな味の層を入れてシマシマに作れそうです
内外装がこれだけシマシマなんですもの
cafeメニューもシマシマにしたら、おもしろいんじゃないでしょか~w









この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
パノラマ展望台から天橋立 *京都府宮津市
- 2019/12/14(Sat) -
 クマS 「日本三景 あまのはしだて~♪

京都の海の観光スポット、天橋立 へ行きました
宮城県の松島、広島県の宮島とともに ”日本三景”と名高い景勝地です

001P1150888.jpg



天橋立を実際に歩く事もできるそうですが
せっかくの景勝地なら全体像を見たいよね、と
山の上から眺められる 成相寺(なりあいじ) へ行きました

002P1150894.jpg

車でグイグイ上がって行った先にお寺があって、入山料をお支払して
さらにグイグイ上がっていくと、パノラマ展望台へ到着します

 若ダ 「ずいぶん上がってきたよ

004P1150879.jpg

期待通りのこの景観☆

この日は薄い雨雲がずーっと消えず残念なお天気でしたが

細い橋がつながっているみたい♪
天橋立全体が見えて、気持ちの良い場所でした

 DD 「うひょー♡

003P1150880.jpg

この横にカフェがあります
お天気の良い日にココでお茶するのもよさそうです
(開門スグに行ったのでカフェは開店前でした)

🐻

展望台に、お日様みたいで不思議なモニュメントが立っています

005P1150910.jpg

厄除け かわらけ投げ のマトです


京丹後市の製作所の方々が手作業で作っている厄除け瓦は、3個200円
瓦にチョークでお願い事を書いて、マトへ向かって投げます

 若ダ 「なんで真ん中にボクの顔描いたの?

006P1150902.jpg
他に思いつかなくて・・・



見事カワラケが的の中を通ったら、お願い事が叶うラシイ
さぁ若旦那、行くよっ

 若ダ 「ボクのコトは投げないでねっ

007P1150905.jpg

008P1150906.jpg

 若ダ 「・・・・・・

009P1150907.jpg

厄除け完了♪


 若ダ 「一個もマトに入らなかったじゃんかーっ

010P1150908.jpg
参加する事に意義がある


🐻🐻

好きなだけ、天橋立を眺めて深呼吸したら
山をおりて、成相寺へお詣りしましょう

011P1150920.jpg



山の上(中腹くらい?)で、アップダウンのある境内です
階段も坂道もあるのでイイ運動になります

012P1150914.jpg



お堂に左甚五郎作の龍が掲げられていました
お堂の中の、この龍だけは撮影OK~

013P1150918.jpg

014P1150919.jpg

お目目は金が貼られてるのかしら
眼光鋭く、小さめながらも迫力のある龍でした
どうやったら一本の木が、こんな今にも噛みつきそうな龍になっちゃうの?

日光の眠り猫より、少し大きいくらいに見えました
そういえば左甚五郎作品って、あまり大きい物は見ない・・・かな


🐻🐻🐻

五重塔のまわりは、紅葉がいっぱい☆
綺麗だったのですが、この辺りで雨が本降りになってしまって・・・

木陰からちょっと撮るだけで断念

 メイ 「近くで撮りたかったのにー

015P1150922.jpg

春は桜もたくさん咲くそうです
散策して楽しい山のお寺でした




この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
不思議な舟屋 *京都府伊根町
- 2019/12/10(Tue) -
社会人になるまで、京都は海無し県だと思っていました(京都の方ごめんなさい)

伊根の舟屋群 を見に行きました
海に面した京都府です

 若ダ 「道の駅から眺めたよ

002P1150839.jpg



伝統的建造物群保存地区 になっていて
他ではあまり見ない建物が並んでいます

003P1150840.jpg




1階が、船や漁の道具をしまっておく 車庫みたいな造り、
2階が住居などであるそうです

004P1150844.jpg

起きて階段をおりたら、スグ船に乗れるのですね
とっても便利で機能的☆
うーん、寒く無いのかな

004P1150861.jpg



舟屋が立ち並ぶ様子が珍しくて
ひとしきり眺めて納得してから、ジョニーを飛ばして遊んでいたら・・・

005P1150854.jpg



 ジョニ 「あ。船が帰ってきたよ

006P1150855.jpg



漁船が湾に入ってくる様子が見られました

鳥に襲われているみたい・・・
大漁だったのしらん♪

007P1150851.jpg

この後、実際に舟屋のそばまで行ってみました。

海から見ると、海の秘密基地のようでワクワク感じる建物が
陸から見ると普通のお家と違和感なく見えたのが、なんだか不思議でした


早朝だったので、そーっとそーっと見学
昼間だったらカフェがあるそうなので、もう少しのんびり眺めたかったです

008P1150850.jpg

この後、伊根湾沿いの道路を進みました
この道路、国道178号線で
稲葉さんの歌声を聴きつつ178号線を走る~
他の人から見たらどうでも良いような喜びに浸って旅をつづけました♡





この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
いえやすルーツの世良田東照宮 *群馬県太田市
- 2019/11/28(Thu) -
えっさえーっさ
えっさホイさっさ♪

001P1150028.jpg


三葉葵の家紋入り駕籠に揺られて
世良田東照宮 へ行きました

002P1150027.jpg



東照宮 = 徳川家康を祀る神社です

003P1150002.jpg

ここ群馬県太田市は、徳川家発祥の地 であるそうで・・・

”え、徳川家って三河でしょ? 三河って、愛知・静岡方面でしょ?”と、
ちょっとパニックしてました。

鎌倉時代・新田氏の子孫が、徳川家康であるそうです。
新田姓の後、この辺りの地域で徳川を名乗っていた時期があったそうで、
その後土地を離れて(追われて?)松平となり、家康の時代に徳川に戻る・・・と。

こうやって名前も姓もコロコロ変えるから、歴史がどんどん難しくなっていくんじゃん!
・・・と、学生時代だったら怒っていたでしょうけれど
イイ歳になった今は「ふ~ん、そっかー」で、読んで済ませられるから気楽です。



そんな土地なので、東照宮が建てられたのだとか。

005P1140993.jpg

外観はドーンとした構えですが
内側は東照宮らしい極彩色の装飾でした

004P1150009.jpg


日光とか久能山とか、東照宮って賑やか綺麗で覗くの好きです

006P1150007.jpg




東照宮の横にはお稲荷さんが並んでいました

006P1150017.jpg


子狐を抱えるような仕草のお狐さん
お母さんキツネかしらん

 DD 「オイラも撫でて~♪

007P1150021.jpg



今頃気付いた
お狐さんも「阿吽」の並びなんですね
神社とか門を護る方々、みんな片方口を開いて片方は閉じる・・・
どこかに、どっちも口を開けてるー みたいなペアは居ないかしら

008P1150023.jpg


じーっと見てるとにゃんこのようにも見えてきました
凛々しくも可愛いお顔してます

009P1150022.jpg

猫の阿吽のペアって、そういえば見ないですねぇ
これも何処かに居ないかしらん


この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
分福茶釜のお寺さんと、木のおもちゃのお話 茂林寺*群馬県館林市
- 2019/11/24(Sun) -
有名な タヌキ のお話といえば・・・
「ぶんぶく茶釜」 と、「證誠寺のタヌキばやし」
そしてもう一つ「松山騒動八百八狸物語」が、日本三大タヌキ伝説として挙げられるそうです。
(3つめのお話は知らなかったのでウィキで概要を読みました)

🐻

ぶんぶく茶釜伝説の舞台、茂林寺 へ行きました

「ぶんぶく」って「分福」と書くのですね。
あもはお湯がブクブクと沸くときの音の事かと思ってました。。。ブクブク茶釜?すんごく熱そう・・・

001P1150030.jpg



山門をくぐると、たくさんのタヌキ氏に迎えられます

005P1150031.jpg



メヂカラがっつりなタヌキ氏
夜は・・・ 出会いたくないかも・・・

002P1150033.jpg
メイよりメヂカラ強いかも


ポピュラーなタヌキ氏たちは、いろんな浴衣を着ていました

003P1150036.jpg



右上を向いているポーズが多いのは何ででしょうね?
分からないけど、メイも真似~

004P1150035.jpg



006P1150040.jpg

年季の入ったお堂
拝観料をお渡しして、分福茶釜を見せていただきました

お寺の宝物なので撮影不可です

お客さんが何十人来ても充分にお茶を振舞うことが出来そうな、大きな茶釜でした
タヌキの成獣より、もしかしたらサイズが大きいかしらん?
そーっと静かに見ていたけれど、シッポもオヒゲも出て来ませんでした。残念w

009P1150038.jpg



お寺の其処ココにタヌキグッズがいっぱいです
タヌキが出てくる昔話の本や、新聞、ポスターなども。

007P1150041.jpg



とっても可愛かったタヌキ鈴♪
手前のタヌキ鈴は、高めの音
奥の茶釜鈴は、少し太くて金物らしい音 が鳴ります

008P1150042.jpg

山歩きのときの「クマ鈴」に良さそうで
用途違いですが、茶釜鈴をひとつ購入しました
だって、いい音なんだもの♪(バチアタリとは言わないでね)


🐻🐻

茂林寺の参道で、嬉しい出会いがありました。

写真の手前ひだり側、「きりかぶ」店 をガラス越しに覗き見たら、
温かみがあって可愛い木工製品が沢山並んでいました。

010P1150029.jpg

何処かでこの作品たちを見た覚えがあるのだけれど、何処だっけ・・・?と
頭の中「???」でいっぱいのままお店に入ったら、
昨年生まれた甥っ子にあげたいなと考えていた、カスタネットに遭遇!

011-IMAG2706.jpg

minneに出品していらっしゃる工房さんのお店でした♪

minneで クマにするか、イヌにするか、ライオンのカスタネットにするか
実はしばらく迷っていましたの

思いがけず、実際に並べて見比べて購入することができて大満足♪
作り手さんにもお会いできて、これまた満足♪

手に持ってほんわかとする木のおもちゃ♪
それを作られる職人さんは、ほっとさせてくださる笑顔のオジサマでしたし
お店番をされていらしたお母様もやさしそうな方でした♪

心残りは、甥っ子の名前をウロ覚えだったコト
「5分くらいで名入れしますよ♪」と言っていただけたのにぃ
名前入りのカスタネットなんて、世界にひとつのプレゼントじゃんねぇ・・・
(親に連絡つかなかったので名無しで購入しました。去年一度しか会ってないから、名前うろ覚えでも仕方なし~w)







この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
おはなとらいととみすのおはなし
- 2019/11/22(Fri) -
イルミネーションを見に行った日のお話

ただライトが光るだけでなく、
それぞれのライトがそれぞれのお花の形であったコトが、さらに素敵でした

バラ園ではバラのライト

001P1140897.jpg


スイレンの池ではスイレンのライト

002P1140898.jpg


藤棚のライトは

003P1140904.jpg


藤の花房のように、沢山のライトが下がっています

004P1140903.jpg


点灯すると、まさに藤棚の風景でした☆

004P1140915.jpg




さて。

そんなお花を撮ってる 「風」 を装って
鼻の下のばして、で~れで~れしてるクマとヒト

005P1140899.jpg


デレデレのカメラの先には・・・

006P1140900.jpg




ミスコン世界大会の出場者たちが来ていました
この日、市内を巡っていたそうです

007P1140901.jpg

顔ちっちゃーい! 目が大きーい! 手足ながーい!
同じニンゲンと思えない。
キラキラ未知な生命体が集団で突如舞い降りたかのような、そんなキラキラ空間が出来上がっていました

 DD 「世界ミスに囲まれてるオイラ~~~~♡♡♡

008P1140902.jpg
囲まれてる妄想をして隠し撮りしてるダケです



キュート!とか言って、一緒に写真撮ってくれないかな、近寄ってきてくれないかな って、
クマを普段よりも 高々と! 抱えて歩いたヒトダンナでしたが・・・



えーーー
見向きもされなかったDDとヒトダンナ、
キラキラのお船に乗って、傷心の旅へと出航いたしましたとさ

009P1140920.jpg


 DD 「みんな自撮りしてばっかだったー!!オイラの事見てくれなかったー!!

010P1140922.jpg

妙なクマ抱えた日本人のおっさんと写真撮ろうなんて、あんまり思わないよねぇ・・・


いやぁ、でもほんとに美しくって
こういうお城って、こういう姫が住むための物なんだろうなー とか思ったり

012P1140939.jpg

世界美の基準をはじめて目前にして、
ただただ「すごいなー」と、、、面白かったです

園内は数十人のミスたちが至る所で自撮りしてて、
写り込まないよう隠れるのが大変でした。

相当気を使って歩いたけれど・・・ まさか彼女たちのインスタとか写り込んじゃったりしてないよねぇ・・・ そういう要らないのが映ってる背景は使わないだろうと思いますけど・・・ 怖いからマスクして歩きました。

013P1140950.jpg

サンタさんがお留守のソリ
クマたちだけ乗せてもらって遊びました♪

11月はまだまだ人が少なく、夜になってもそれほど寒くなく
イルミネーションを楽しむのにちょうど良い夜でした☆


🐻追記~
これ書いてからキーワードを変えて検索したら、ミス達のインスタに、メイが入ったクマバッグと、ピンぼけたヒトダンナと、あもの後ろ姿が映り込んでるのを発見しました。ひえぇぇぇ





この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
あしかがフラワーパークのイルミネーション *栃木県足利市
- 2019/11/20(Wed) -
あしかがフラワーパーク へ行きました

001P1140905.jpg


この季節、お花はあまり咲いていなくて

002P1140914.jpg


お花と撮れる場所が限られていましたが、
003P1140912-2.jpg


だんだん、日が沈み始めると・・・

 メイ 「電気ついたー☆

004P1140915.jpg

005P1140936.jpg



こーんな、素敵なイルミネーションが見られます。
これを狙って、15時半からの夜チケットで入場しました。

006P1140959.jpg



 メイ 「日本の三大イルミネーションだそうで~す☆

007P1140960.jpg



 メイ 「キラキラいっぱいで、すーっごい綺麗なの!!

008P1140966.jpg


  メイ 「これじゃぜんぜんメイ写って無いじゃない!!

010P1140974.jpg

普通にオートで撮ってたら、ぜーんぜんメイの顔がわからなくて
フラワーパークの探索中、カメラの設定も探索して歩いてました

009P1140970.jpg


よし、これならメイも綺麗に見えるでしょ
最近のカメラは優秀過ぎてついていけません

011P1140979.jpg



はい、ツーショット♡

012P1140982-2.jpg



  メイ 「このライト、うちにも欲しい!!

013P1140984.jpg

バラの形のイルミネーションライト
これがいーっぱい並んでいる様子は本当に素敵でした
色もほんわかピンクだったりで(時間によって変わります)、メイじゃなくてもちょっぴり欲しいなって思いました~






この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
社殿も鳥居もカラフル綺麗な足利織姫神社 *栃木県足利市
- 2019/11/19(Tue) -
名前と社殿の外観から
詣でるだけで美人になれちゃうような気がする~!! と思った神社へ行きました
※あもがそう思っただけです。そんなご利益は書いてありません

 クマS 「記念しゃしーん☆

001P1140872.jpg


足利織姫神社

002P1140868.jpg

真っ赤な柱に緑色の屋根、シンメトリーな美しさ☆
しかもこの日は快晴! お空真っ青! 綺麗!


日帰りバスツアーなどの観光地になっているらしく、人波が途切れません

 メイ 「こっちからも撮ってー♪

003P1140889.jpg

ただ、お山のてっぺんには社殿とお札などの授与所しかありませんので
みなさまあまり長居されません
待ってるとこんな風に、社殿だけの背景で撮れました



そう。ここはお山のてっぺん。

004P1140846.jpg

005P1140848.jpg

階段をのぼってのぼって、あの美しい社殿を目指します。

 メイ 「229段・・・

006P1140849.jpg

毎日ここを上り下りしたら、嫌でもスタイル美人になれそうです
それで素敵な名前がついているのかしらん(あもの妄想です)

 メイ 「抱っこ!

007P1140852.jpg

クマはいいよねぇ~
何処でも抱っこで連れてってもらえるんだものねぇ~

008P1140863.jpg


 DD 「ヘイヘーイ♪

009P1140862.jpg



息はきれましたが、229段ものぼったので
こーんなスカっとした景色を眺める事ができました

010P1140880.jpg
メイ&あも お揃いパーカーズです
メイとツーショット撮ろうと思ったのに、DDまで抱っこさせられた



ここで面白かったのは、石段以外に、比較的ゆるやかな階段の道もあって
そちらには 七色の鳥居 が並んでいたことです

011P1140892.jpg

水色・・・ 黄色・・・ 緑・・・

012P1140894.jpg

紫・・・ そんな色の鳥居、はじめて見ました

013P1140895.jpg



足利織姫神社におわすのは、縁結びのカミサマ
七色の鳥居にはそれぞれ違ったご縁があって、ここを全部くぐると七つのご縁が結ばれるのだそう

014P1140896.jpg

下り道で、ザクザクと潜り抜けちゃったけど、そんな歩き方でも大丈夫だったかしらん

カラフル鳥居が並ぶ様子も見て楽しい神社
上も下も途中の階段も、全部が絵になりそうな神社でした




この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
おっきなガンダムがお出迎え~ *栃木県壬生町
- 2019/11/16(Sat) -
おもちゃのまち バンダイミュージアム へ行きました

建物へ入ると同時に目に飛び込んでくる大きなガンダム☆
チケット買う前からウキウキします

 若ダ 「撮って撮って!!

001P1140802.jpg



建物前にも、こーんな方々がポーズとっていらっしゃいます

 DD 「へーんしんっ とおっ

002P1140797.jpg



こちらのガンダム
高さ5・6メートルで、原寸大の胸像 だそうです
ガンダムの内部に入ったらどんな感じかなーなんて、ちょっと想像しちゃいました

 クマS 「ガンダム乗りたーい!!

003P1140808.jpg
一般クマは柵の前までねー


 DD 「オイラ、ガンダム操縦したいゾ!

004P1140811.jpg

ガンダム世代のヒトダンナ、DDと一緒に大興奮でした



あもは、ガンダム見てなくて・・・
ウルトラマンなら見てました。

そして、ウルトラマンのお人形(硬質ビニール製の)持ってました
一人っ子なのに、何故あった?

 若ダ 「シュワッチ☆

005P1140814.jpg



 メイ 「メイはこっちの方が好き~♪

007P1140816.jpg

女の子用のおもちゃも、たーーーーーっくさん♡
ほんわかとしてココロが踊ります

008P1140841.jpg


 メイ 「月にかわっておしおきよ♡

009P1140839.jpg



人類の歴史、イコールおもちゃの歴史 かもしれない
だって、子供だったら何かしら、いつの時代もおもちゃで遊びますものね

010P1140836.jpg

どんどんオモチャが進化していく様子がみれて、面白い展示でした
初代たまごっちも並んでました
持ってたのと同じ水色のが並んでて「あれ何処しまったっけー!?」って記憶を探りました



こちらは、エジソンミュージアム
トーマスエジソンの年譜や、発明品のコレクションが見られます

011P1140817.jpg

エジソン=電球を発明、しか覚えていなかったけれど
会社を興して白物家電的なモノを作ってブランド名を付けて販売してたとか、
沢山いるライバルに、音響のビクター創業者が居たとか、そんなお話も知れて興味深い展示室でした。

今使っている数々の便利な日用発明品の基礎は、この時代から作られてきたのですね
思いがけずお勉強も出来ました。
子供向けの説明だったけれど、オトナの方が楽しめるかも。



でも、やっぱりメインはキャラとの遭遇

012P1140827.jpg


 若ダ 「オモチャ買って買って!ウルトラマン買って買って!!

013P1140838.jpg

たくさん展示されているオモチャは、販売品ではありません。
このミュージアム内におもちゃ屋さんが併設されていたら、思わずお金を使いこんでしまいそうです
・・・が。
お店は見当たらなかったので安心して歩いていられました

お孫さんへのクリスマスプレゼントを物色しにきたと思わしきご夫婦は
「ここは売ってないんだな。近くのおもちゃ屋って何処だ?」と、横で会話されてました。
公式ネット通販のチラシとか入場者専用のクーポンとか、ミュージアムのチケットと一緒に配ったらいいのに・・・なんて、ちょっと思ってみたりして。
だって、見たら欲しくなっちゃうもの・・・ でしょ?







この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
お詣りしたからジャンボ買いましょ *栃木県真岡市
- 2019/11/15(Fri) -
コグマ引き連れ北関東の旅~
朝いちばんに、大前恵比寿神社 へ行きました

001P1140755.jpg
早い時間は人が居なくて自由に遊べるものの、写真が色補正してもイマイチで難


ここは、立派なお社の横に
大きな恵比寿さんがデーンとお座りでして、、、

002P1140752.jpg



 若ダ 「なんだか親近感のあるお顔~

003P1140759.jpg

大きくて迫力があるのだけど、どこかですれ違いそうなお顔に見えました。
関西のお笑いさんに、こんなお顔の方おられませんでしたっけ?



 若ダ 「金運招福!商売繁盛!おねがいしまーす

004P1140767.jpg

若旦那の後、ヒトダンナもしっかりここに顔をはめて、ご利益祈願してました。
(はめるとご利益になるのか?)

年末ジャンボは、来週水曜日から発売されるそうで
今年は買っとくべきかなーと、クマヒトうししと目論み中。
当たっちゃったらどうしましょう~~~★


お詣りするべき本殿は、コチラです。

005P1140790_20191115164350797.jpg



朱塗りに見事な彫刻の、綺麗なお社でした。
高額当選者が、たくさん当選御礼の寄進をしにいらしてるのかも~

008P1140769.jpg



連休中は、七五三詣りでにぎわってたそうです。

 DD 「オイラもカッコイイ着物で撮りたかったゾ!

007P1140776.jpg
DD三歳直前記念の一枚


御神木は、大きなスダジイ
元気に茂ってます

009P1140791.jpg



お社の周りに、他のカミサマのお社も並んで建っています
この場をグルッと一周するだけで他のトコにも参拝できる、ショッピングモールみたいな便利な神社

010P1140784.jpg



その中に、インパクトのあるお社がありました
足尾山神社末社

011P1140792.jpg

交通安全のカミサマだそうで
バイクの置物などがお供えされてました

012P1140795.jpg

お社となりのガスボンベみたいなのは、なんでしょう・・・?

天狗さんたちと一緒に写真が撮れます
走るのが好きな方へおススメです

013P1140794.jpg



 若ダ 「狛犬さんがいました~

014P1140781.jpg

貫禄のお顔で護ってます

015P1140782.jpg


ガオーといい顔で、パシパシ撮らせていただきました
狛犬って好き♪

016P1140777.jpg


狛犬じゃ無いけれど、こんな可愛いコも居たのでパチリ

017P1140789.jpg

お目目がキラキラです
道中苦労することなく、楽しくお出掛けできました





この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
益子の秋の陶器まつりへ *栃木県益子町
- 2019/11/13(Wed) -
茨城県で 笠間焼 を楽しんだ翌日は
栃木県へ 益子焼 を捜しに行きました。

焼き物市のハシゴです。
楽しい楽しい♪



朝8時半頃
お店の方たちは店番しながら朝ごはんの最中でした。
駐車場で時間をつぶして、9時を過ぎてから行動開始~

午前中だから、このくらいの人出。 お昼過ぎたら超混雑。

002P1140712.jpg

メイン通りはホコ天に なりません
普通車も大型バスも通行しますので要注意


 若ダ 「アビーロードみたいに撮って♪

001P1140715.jpg
無理。





個人作家さんの出品テント、
窯元さんの蔵出し直販(大量に器が並ぶ)、
メイン通りにお店を構える陶器屋さんはそれぞれ店内セール中、
ありとあらゆる器物に、飲食物やインテリアなど雑貨が並んで、すごかったです。

益子の陶器市へ行くのは2度目ですが、いまだに全容がつかめません
おもしろーい♪


 ヒト旦「おい、どれにするんだよ
 若ダ 「えーっとね、うーんとね。。。

003P1140711.jpg
悩むクマとヒト

出店が多すぎて選べません。
迷ったアイテムは、後でまた戻ってくる時のために写真に撮らせてもらいました。
・・・そうしておかないと、その場所へ二度と戻れない。。。
撮影して置いても・・・ 迷子になって彷徨いました。
※写真撮影は不許可のお店も多いのでご注意を。


11月4日、紅葉はまだまだでした。

005P1140745.jpg
この細~い坂道にもテントとお客さんがひしめいてます。



今期の朝ドラは、陶芸作家さんのお話です。
いずれこういう窯も、ドラマの中に出てくるかしら?

登り窯 を見学しました。

006P1140738.jpg

区切られたお部屋の中は、このようになっているのですね

007P1140735.jpg

益子焼は、釜飯の器も有名です。
あぁ釜飯も食べたかったなぁ



🐻

お昼は、青色の器で提供されるお店で食べました。
陶知庵

009P1140721.jpg

010P1140723.jpg

メインのおかずと、ご飯を選べます。
唐揚げと、栗ご飯を選びました。

011P1140725.jpg
秋のプレートランチ 900円


陶器やさんのお隣で営まれるお食事処
ランチプレートも、湯飲みもお椀も、すべて青色の器です。

室内だから色が写せませんでしたが、やわらかいのに鮮やかで綺麗な青色でした。
寒色の器でお食事ってどんなかな?と半信半疑でしたが
爽やかオシャレで楽しく美味しいお食事でした。

 若ダ 「特製みそピー、美味しい~~~♪

012P1140733.jpg

この青色の器で
「たとえば真っ白なチーズケーキを食べたらすんごい美味しいんじゃなかろうか♡」
と思って器を物色したものの・・・
益子に居る間に選びきれませんでした。そして予算もなくなった。

青色の器は、次回益子へ行く時の楽しみにします。



🐻

笠間と益子では、若旦那がメインで遊びました。
というのも、今年の11月4日は 若旦那10歳の誕生日だったから♡

015P1140750.jpg

10年・・・
いろーんなトコ行って遊んでますが、47都道府県はまだ巡れていません。
まだまだ ゴールはココジャナイ
破れたりほつれたりするコトなく元気で居てくれるよう
大事に仲良く、これからも若旦那とお出掛けします♪



 若ダ 「コレ買ってもらったの♪

016IMAG2641.jpg

うさぎデザインの陶芸家さんのブースで
子供用サイズの可愛いお茶碗を買いました。
このサイズなら、ご飯を山盛りに盛って食べても大丈夫♪

可愛いお茶碗は、若旦那とあもの兼用といたしましたw



この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
文化の日は面白い *茨城県笠間市
- 2019/11/11(Mon) -
文化の日に訪れた笠間市は、イベントいっぱいで面白かったです☆

*陶と暮らし。 11/1~11/4
*笠間の菊まつり 10/19~11/24
*流鏑馬神事 11/3
(さらに、ストーンフェスティバルも芸術の森で開催されていたけれど、間に合わなかった)

街の其処ココで イベント開催中
ゆえに、お昼前後と夕方の渋滞はエライ事になっていました。


🐻


前述のおいなりさんランチのお店で、「流鏑馬がみられるよ」と教わったので
会場の小学校前へ移動しました。

 若ダ 「まだ誰もいませーん

001P1140648.jpg

小学校前の道路のうち1車線が今回のステージです
馬がケガをしないよう盛り砂をした、お馬の専用レーンが出来ていました。


 若ダ 「ボクの毛色に似た砂の色~♪

002P1140653.jpg

流鏑馬がはじまるまで、片方に残されたアスファルト道路は
片側交互通行で普通に車が走ります。

片方が砂の道なのも、その片側を車がビューンと走るのも、なんだか不思議な光景でした。



弓矢が準備されていました。
立派な矢羽をそーっと覗き見させていただいたら、それぞれに射手の名前が入っていました。
弓も矢も、大事に手入れされてツヤツヤです。

003P1140650.jpg
↑弓を弾くマネ



午後14時、笠間稲荷神社で神事を執り行ってから、
流鏑馬会場へ行列が移動してきます。
この行列が小学校前へ来たのが、約1時間後の15時ころ

鎌倉時代くらいの衣装を着た、武士や稚児の行列
お姫様のいない行列ですが、くっきり濃い色が並んで華やかでした
(射手に狩衣姿の女性がいたので、男性ばかりというワケではない)

005P1140683.jpg



う~ん、お馬さん璃々しい♡

006P1140687.jpg

全部で何頭来てたかな? 6~7頭は居たと思いますが、数えるの忘れたー

007P1140689.jpg



行列が済んだら、的の準備をして・・・

008P1140692.jpg



大きな白い扇をぐるりと回して(ゴール地点は赤い扇らしい)
準備万端 整った事を確認します。

009P1140693.jpg



 若ダ 「お馬さん来たよっ!!

010P1140696.jpg
初めての流鏑馬にコーフンのクマ


↑ツイッターだと、色も音もイマイチです

馬の走る姿って、全身が筋肉の塊り!! って感じで、カッコイイ♡
そして、矢が的中した時の音が、小気味よくてスカッとしました。

はじめて観覧したナマ流鏑馬、良かったですーーー♡



全部の競技(?)を終えたら、再び行列を整えて稲荷神社へ戻ります。

011P1140700.jpg

馬に乗る方って、背筋が伸びてて皆さんシャンとしてます。
猫背なヒトはいませんでした。見習わなくちゃ・・・


🐻


稲荷神社も参拝しました。
 若ダ 「笠間稲荷神社です

013P1140672.jpg

笠間の菊まつり
見事な菊の花の下では、お狐さんがオモテナシ~

014P1140670.jpg

015P1140671.jpg


どれもこれも見事なお花です
賞をとるような優劣を決める決定的なポイントって、どこなのでしょう

016P1140679.jpg



こちらは稲荷神社近くの
かさま歴史交流館 井筒屋

017P1140662.jpg

歴史ある建物を市が買い取って、
イベントスペースやカフェにしたのだとか。

018P1140656.jpg

見事な装飾でたくさんの方が訪れていました

019P1140660.jpg

 若ダ 「イイ香りでいっぱいだったよ♪



この後、郊外のだるまさんを見に行きたかったのですが、時間がなくなってしまって今回は断念。
また次の機会に訪れたいと思います。

そこには、世界最大級のだるまさんが居るのだとか~★




この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ