2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
『ウルヴァリン: SAMURAI』
- 2013/09/18(Wed) -


『ウルヴァリン: SAMURAI』を観てきました。

いやぁ~
なんというか、感想は

「ヒューがムキムキ♡」

これに限る。

uruvarin.jpg




えーっと・・・(ФェФ。)・・・


これじゃただのおバカ娘なので
お暇な方はもうちょい下からどうぞ。


この記事のURL | ☆ 感想、などなど。☆ | CM(0) | ▲ top
「ted」
- 2013/01/23(Wed) -
推定年齢 24~30歳のイヌ
「サンディ」

001130122_1709~001


推定年齢 25~30歳のイヌ
「フレッド」

002130122_1620~001

あもの嫁入りに付いてきたふたりは
ふと年齢を数えたら・・・

こんなに長い年月、一緒に過ごしてきたのでした。

引っ越すときも、どうしても手放せなかったふたりは
大事な大事なあもの親友です。


ってなワケで、コイツ!



観てきました!!



んもぉ~
「Christmas magic」なクマのくせに、品が無い!

35歳の人間はいつまでも子供だし
おそらく同じくらいの歳のクマは、おそろしくオヤジ。

観ている間中 「 おまえクマだろー! 」 って
突っ込みドコロ満載な映画でした。

面白かった!


・・・でも、うちのヌイグルミたちには観せたくありません。
あんなオヤジになられちゃ困る。

年齢的には、テッド(27歳+?)と同じくらいのサンディとフレッドが
もしも動いて喋りだしたとしても・・・
テッドのようでは無いコトを切に願います。


推定年齢 3歳のクマ。

003130122_1710~001

 ダ 「ボクの先輩♪」

お願いだから
いつまで~も 可愛い可愛いクマで居てね♪



映画のテッドは
カラオケ歌ってるときの仕草とか
気分によるまゆげの上げ下げとか、とってもとってもかわいかったです。

ジョンを殴るときのポッフポフの手なんて、もうサイコー☆
ニヤニヤしながら観ちゃってました。
ヌイグルミ好きの夢がつまった、たまらない映画です。

映画館は、平日の昼間だったにも関わらずほとんど満席。
年齢層は高めでした。
(R15だから子供は勿論入場できません。)

うちのヌイグルミも、おしゃべりできたらいいのに☆



この記事のURL | ☆ 感想、などなど。☆ | CM(0) | ▲ top
「のぼうの城」
- 2012/11/11(Sun) -
「のぼうの城」を観ました。

img_lineup.jpg

「のぼう」とは、「でくのぼう」の略。
主人公に対して、あんまりなネーミングですけれど・・・

悪意があっての呼び名ではありません。
みんなから愛されている城代=「のぼう」は(領主では無い)
見ていて気持ちが良いものです。


原作は、和田竜さんのこちら。

【送料無料】のぼうの城 [ 和田竜 ]

【送料無料】のぼうの城 [ 和田竜 ]
価格:1,575円(税込、送料別)


原作を読んでいて、戦国の戦いのお話なのにワクワクして読みました。

命を懸けて戦って、
明日は死んでしまうかもしれないというのに
なぜだか登場人物がみんな生き生きしてる。。。 不思議です。


映画のエンドロールで
助成:文化芸術振興補助金 と流れました。
それって、野村萬斎さんの田楽踊りかな。

船の上での田楽踊りもよかったけれど
戦の始まる前に百姓衆がやっていた、田植えの踊りが面白かったです。

野村萬斎さん、狂言だけではなく
幅広いジャンルで活動されていて、テレビでお見かけすると目で追ってしまいます。
所作が綺麗なのはモチロン、
ちょくちょく見せるおちゃめな表情が好きです♪

映画陰陽師もはまり役だと思ったんだけど
3作目は無いのかな。

【送料無料】陰陽師

【送料無料】陰陽師
価格:5,670円(税込、送料別)

この記事のURL | ☆ 感想、などなど。☆ | CM(0) | ▲ top
「トータル・リコール」
- 2012/08/18(Sat) -
出先で、トータル・リコール を観てきました。

未来都市の描写や
お話中のキーとなる大型移送手段とか
CGの凄さは圧倒されました。

が、観終えた感想は、
もうちょっと、現実と虚構世界のゴチャマゼ感が欲しかったです。

主人公が「現実はどれだ」って迷ってるような
=観ている人が、混乱しちゃうようなシーンが少なくて
なんとなく物足りなかった気がします。

もっと「ゴチャマゼで訳分かんない!」ってお話かと思ってました。

勝手にしてた期待がはずれたのもありますが・・・
あもの勝手評 ★★☆☆☆

ちょっと辛口で、ごめんなさい。

これ、リメイクなんですね。
シュワルツェネッガー氏の映画ではどんな感じだったのか
いずれDVDを借りて観てみたいと思います。

この記事のURL | ☆ 感想、などなど。☆ | CM(2) | ▲ top
スノーホワイト
- 2012/06/27(Wed) -
闘う白雪姫 のお話を観ました。
スノーホワイト

絵本のような、赤青白黄色の衣装ではないけれど
(とても地味)

snoww.jpg

提灯袖&ウェストがキュッとしぼられた衣装は、
お話で知っている白雪姫のシルエットでした。

ただし、普通の提灯袖ではなく
肩から二の腕までが、いくつものリボン(?)でふんわりとしているような袖です。
あれで、どうしてふっくらとした袖になるのかな。


対する、ラヴェンナ女王の衣装は、
結婚式の金色のドレスや
本性を現した後のブラックな衣装など・・・
それぞれが、とっても強烈なデザイン!

性格の悪さがにじみ出ているようなドレスが
実に似合っていて素敵でした。(褒め言葉です)

シャーリーズ・セロンの女王様は本当に美しく
あれなら“ナルシスト魔女”であってもおかしくありません。


クリステンの白雪姫は、
強さのある可愛さで
”闘う白雪姫”のイメージにピッタリでした。

彼女といえば、
トワイライトのヴァンパイア・・・
そういう個性の強い役柄が似合うのかしら。



あも家での白雪姫といえば
あもママ作の、白雪姫ドレスセット☆
ダッフィー手作りコスチューム第9弾 ◇ 白雪姫アレンジのドレス のお披露目

白雪姫セット

この頃は、まだメイちゃんがいなかったので
ダッフィーがお姫様ドレスも着ました。

白雪姫セット

可愛いお姫様でしょ?

マントのふわふわとした白い襟は
その後、ハートの女王様のドレスマントに応用されています。
この記事のURL | ☆ 感想、などなど。☆ | CM(2) | ▲ top
「ジョン・カーター」
- 2012/04/24(Tue) -
「ジョン・カーター」を観ました。
ウォルト・ディズニー生誕110周年記念作品です。

001jo-check11.jpg

不思議な星へ、突如飛び込んでしまったジョン・カーターの物語。
最後まで、ハラハラドキドキしました。

こういう、日常からはるかにぶっ飛んだお話をスクリーンで観られるのって
とても映画らしい楽しみ方に思われて、大好きです。
お話も面白かったし、映像もキャラクターも素敵でした。
(途中、ワンコみたいなキャラが出てきます。それがめっちゃ可愛♪)


それにしても。
最近のプリンセスは強いですね。
王子様の登場を眠りながら待って、目が覚めたら守ってもらう
他力本願的王道 なお姫様像は、もう古いのかしら。

ジョン・カーターのプリンセスも、敵をガンガンやっつけちゃうお姫様でした。
しかも学者で頭がよくて、なお且つ美人で素敵な女性で
三拍子そろって・・・ 羨ましいったら。(笑)

この後公開される「スノーホワイト」も、(6月15日公開)
主役クリステンの凛々しい騎馬姿が、既に予告で公開されています。
(トワイライトシリーズの主役。
 絵本の白雪姫とはイメージが異なるけど、
 あの病的にも見える肌で“闘う白雪姫”を演じるのはとても似合うと思う。)

もう「女大学」の時代はとっくに終わったんですよね。


原作は、うんと昔に描かれた小説だそうです。
エドガー・ライス・バローズ「火星シリーズ」

【送料無料】火星のプリンセス

【送料無料】火星のプリンセス
価格:650円(税込、送料別)


「火星のプリンセス」は第1作目(1911年)

その後のSFに、多大な影響を与えた作品と言われています。
スター・ウォーズやアバターにも、確かに通ずる所が感じられ・・・

なので、上記のようなSF作品が好きな方なら、
「ジョン・カーター」はとても楽しめる映画だと思います。
(あも的には、超長編のスターウォーズよりもとても分かりやすく観やすかった。)


この記事のURL | ☆ 感想、などなど。☆ | CM(0) | ▲ top
「ばんば憑き」 宮部みゆき著
- 2011/03/29(Tue) -
【送料無料】ばんば憑き

【送料無料】ばんば憑き
価格:1,785円(税込、送料別)



久しぶりに本を買いました。
あもの大好きな宮部センセイの時代小説です。

今回は、短編集。

110328-2DSCN9019.jpg
表紙裏には鬼火の挿絵。

物の怪の話もあるけれど“怖い”というよりは“不思議さ”が強いお話たちの集まりでした。

宮部センセイの時代小説は、どんなお話にも
たとえ哀しい結末であったとしても
何処かしらに“救い”があるような気がして、読み終えてホッと出来る所があるから好き。

110328-3DSCN9020.jpg

今回、帯には応募券がついていました。
著者が読む作品の朗読は、どれだけの思いが声に込められるんだろう。
とても、聞いてみたいです。
この記事のURL | ☆ 感想、などなど。☆ | CM(0) | ▲ top
「トワイライト」
- 2011/01/29(Sat) -
PCを開くのも億劫になるほど
大人買いした「トワイライト」にハマってます。

全9冊中、4章上巻まで読み進みました。


異能者とか不思議な世界、大好き。
さらに、近頃あまり夢見る事の無かったヒロイン願望が
トワイライトを読んでると、ニョキニョキ。

一気に読んでしまいたいのをセーブしつつ
(だって、楽しみがなくなっちゃう)
毎晩少しずつ、空想の世界へ飛び立つ楽しさ。

しかも、ちょっと異色なラブストーリー♪

こーんなに楽しい気分、忘れてました。
会社休んで読み耽りたい。

ハリーポッターも宮部みゆきの本も
不思議で大好きだけれど、ラブストーリーとはちょっと違うもの。


ダーリンだったら、
口が裂けたって包丁突きつけたって崖から突き落としたって
絶~ッ対に口にしなさそうな、うっとりなセリフがポンポン出てきます。

言ってるトコを想像したら、真面目な顔して聞いていられないかも知れないけれど(失礼)
一度でいいから言われてみたいなー なんて思ってしまうあもは
今でも、“騎士に守られるお姫様”に憧れているのかな。
(小説の主人公は現代の女子高生なので、お姫様とはちょっと違うんだけど)
この記事のURL | ☆ 感想、などなど。☆ | CM(0) | ▲ top
うるおい補給
- 2011/01/04(Tue) -
録りためた映画やドラマを、この数日でまとめて観てます。

「007」
「アリス・イン・ワンダーランド」
「魔法にかけられて」
「JIN」
「フェイス・メーカー」
「トワイライト」
「僕の彼女はサイボーグ」
・・・などなど。

お休みバンザイ♪


とりわけ「トワイライト~初恋~」には、だいぶ洗脳され
続編を借りに行くか、原作本をオトナ買いするかで、迷いはじめました。


原作と映画と、両方を観た(読んだ)人の感想をナナメ読みする限りでは
映画は原作をよく再現しているものであるらしいです。

でも、主人公たちの心理描写においては、
原作の方が、映画よりもよく分かるそうなので・・・

やっぱ、あもは「本」かな。


ところで。

「トワイライト」を観た後で
大好きなヒュー・ジャックマン氏の「ヴァン・ヘルシング」を観ると
同じ「ヴァンパイア」を描いているハズなのにイメージがまったく異なるので、いささか混乱します。
(それもまた楽し)



さらに、また
ところで。

もしも普通に誰かが言うのを耳にしたなら、背中がムズムズしちゃいそうなラブ・フレーズも
美青年(しかもヴァンパイア!)が口にすると
“うっとり”と聞き惚れてしまいたくなるのは、何故でしょう。

こんなラブ・ロマンス物、最近あんまり観たり読んだりしなかったな。
ココロの女子力アップの為にも、ここらで一度、読んでおくべきかも知れません。。。(うるおい補給?)
この記事のURL | ☆ 感想、などなど。☆ | CM(0) | ▲ top
「ハリー・ポッターと死の秘宝」PART1
- 2010/12/11(Sat) -
最終章の今作品は、シリーズ初の二部作。
http://wwws.warnerbros.co.jp/news/harrypotter/

原作が、既に3章から上下巻に分かれていた事を考えると
映画が二部作になるのは、遅かったような気がします。

二部に分けるのは利点も難点もそれぞれにありそうですが、
あもは、二部作に賛成。
だって、原作のエピソードは、一つ一つが長く大切で、
端緒ってしまうのが勿体無いと、常々感じていたから。

映画の7章は、話の展開を急ぎすぎる事なく、
程よいペースで進んでいたと思います。


PART1では、原作の下巻に入ったトコロまで進みました。
なので、PART2では時間があまる(!?)かしら、と勝手に予想して
その分の時間を、ハリーポッターならではの魔法シーンに充てて貰いたいなぁと期待しています。

さらに、黒いマントの先生の哀しい過去も、素敵な映像として遺して欲しい。

あもは最近“涙もろさ”が激化したので、
あの先生の過去映像を観たら、映画館でマジ泣きしちゃうかも知れません。
(原作も、読んでいて涙が...。)


一つだけ残念だったのは、エンドロール後に何も無かったコト。
「後編の予告が流れたらいいよね」と 母娘で期待して待っていましたが、何もなくて…
勝手ながら、ちょっと味気無かった感じ。

後半に向けて何かが欲しかったなー と思うのは、欲張りかしら。
(PART2は、2011年7月15日より公開予定)
この記事のURL | ☆ 感想、などなど。☆ | CM(0) | ▲ top
「リアル」10巻
- 2010/11/29(Mon) -


出ていた事に気づかなくて・・・
ちょうど、期間限定ポイントがたまっていたので注文。
約2日で届きました。

年に1冊のペースだと
続きが読みたい時が、とってももどかしい!

次の11巻で、主人公たちの生活が大きく前進しそうで
続きが読みたいから、「早く来年にな~れ」と念じてしまいます。
この記事のURL | ☆ 感想、などなど。☆ | CM(0) | ▲ top
「日本全国ゆるゆる神社の旅」つづきのつづき
- 2010/11/02(Tue) -
ひどらさんが、疑問に思われていたので・・・


日本全国ゆるゆる神社の旅
¥1155

中を2枚だけ、撮ってみました。

このページを読んで
「寝台列車で出雲へ行きたい!」と、痛烈に思いました。
DSCN7287.JPG

たとえば、乗った電車のこととか
近くをまわるのに、お得な切符のこととか
お腹がすいて入った食べ物屋さんのこととか・・・

ちょっと旅してまわろうかな~という時に
参考にできるような小ネタが満載の、内容がとっても濃い漫画です。

DSCN7286.JPG
こういう、写真付きのコラムもたくさん!
ご朱印って、貰った事ないなぁ。

お守りがたくさん載ったページもあります。
うさぎの可愛いお守りを見て、やっぱり貰いに旅したくなりました。

1日で全てを読み切るには、けっこうキツイかも。
でも特定の地域だけを読むなら、短時間で済むかもしれません。

地図は無いですが
「神様のアドレス帳」として、神社の住所や電話番号、HPが巻末にリストアップされてます。
そして「神様の名簿」も。
神話好きな人も、楽しめそうな本です。
この記事のURL | ☆ 感想、などなど。☆ | CM(8) | ▲ top
「ぱんぷくりん」 宮部みゆき文 黒鉄ヒトシ絵
- 2010/11/01(Mon) -
「ナニ?コレ?
 へんてこりんなタイトル・・・」

と思って、最初は買わなかったのですけれども。

さらに、楽天ブックスには写真が掲載されてないし。

ぱんぷくりん

でも、思い立って、注文して
届いて読んだら・・・

可愛かった♪

掲載のお話が、みんな♪
(6話収録)

宮部センセイ、「へんてこりん」だなんて思って
ごめんなさい。


うふふ♪ か~わいい♪
・・・と、読みながらしょっちゅう思っちゃいました。

お話も可愛いし、イラストも隅々までじっくり見て楽しみたくなっちゃう。

DSCN7206.JPG

6つあるお話の中では、
あもは「招き猫の肩こり」のお話が、一番好きです。

この記事のURL | ☆ 感想、などなど。☆ | CM(0) | ▲ top
「日本全国ゆるゆる神社の旅」 つづき
- 2010/10/29(Fri) -
届きました♪

2010102919520000.jpg

立ち読みして、家に帰ってきて
ブログにちょっと書いてみて
「やっぱり、続きを読みたいなぁ」と思って検索して・・・

発見☆

ヤフオクで、半額以下で手に入れちゃいました♪

一回読んだだけで出品したという方から、譲り受けました。
なーんてラッキー☆

ゆるゆる神社旅、
この本で研究して、あももお出掛けしたいなーと思います。


楽天だとコチラ。
  ▼

日本全国ゆるゆる神社の旅
¥1155
この記事のURL | ☆ 感想、などなど。☆ | CM(4) | ▲ top
「日本全国ゆるゆる神社の旅」
- 2010/10/23(Sat) -
読んだら、旅に出たくなりました。


日本全国ゆるゆる神社の旅(楽天ブックス)

可愛いイラストの、漫画風エッセイです。
読みやすいし、
女の子なら誰もが共感できそうなちょっとしたコメントが、満載。

女子的に楽しいであろう神社のまわり方が載っていて
信心は無くとも、お参りしたくなりました。

女子会的お参りを兼ねた、1泊くらいのプチ旅行をするの、楽しそう。

京都に、ゆっくり行ってみたいし
出雲大社にも行ってみたい。

伊勢神宮も行ったこと無いなぁ。

鈴木さちこ「日本全国ゆるゆる神社の旅」公式HP
http://www.sanctuarybooks.jp/jinja/

流行りのパワースポット巡りができますが
勿論、それに付随して美味しいモノも食べに行きたい!
この記事のURL | ☆ 感想、などなど。☆ | CM(2) | ▲ top
| メイン | 次ページ