fc2ブログ
2010 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2010 05
手作りとんぼ玉 体験講座
- 2010/04/19(Mon) -
いちろくのお友達は、アーティストが多い。

なので、そのツテをつたってとんぼ玉作家さんのもとへ・・・
とんぼ玉の手作り体験に行きました。

夏に、既製のとんぼ玉でかんざしやイヤリングを作るけど
ガラスから熱加工して、世界に一つの「MYとんぼ玉」を作るのは初めてです☆

100418tonbo1.jpg
マドラーみたいなスティックガラスを使います。
あもは黄色、いちろくは緑でチャレンジ。

100418tonbo2.jpg
銀色の板の上に、とんぼ玉の模様となるガラスを用意します。
色ガラスのカケラたちと、お花に作ってあるミルフィオリ。
好きなお花を選ばせてもらいました♪

とんぼ玉体験
バーナーの上で振りながら、棒ガラスに熱を加えます。
バーナーの上は、焼肉屋さんみたい・・・

100418tonbo4.jpg
100418tonbo5.jpg
加熱されたガラスが溶けて、だんだん変形していく様子。
溶けたガラスが落ちないよう、手でクルクル回転させながら炙り続けます。
緑を選んだいちろくの手の先では、緑のガラスが芋虫みたいにウネウネ動いていました。

100418tonbo6.jpg
ある程度ガラスが溶けたら、右手にガラス・左手にガラスを巻きつけるスティックを持ちます。
両手を上手に動かして、両方同時に加熱します。

とんぼ玉体験
ここは難しかったです・・・ 先生が助けてくれました。

とんぼ玉体験
程よく加熱できたところで、スティックにガラスを巻きつけます。
緑のガラスが、加熱されて鼈甲のような色に変化しているのが見えますか?
700度くらいの高温になっているそうです。

とんぼ玉体験
巻きつけたガラスに、模様となるガラスのカケラを付けて・・・

とんぼ玉体験
火で炙り、土台のガラスと馴染ませます。

とんぼ玉体験
この工程を何度か繰り返します。
お花のミルフィオリもこの時付けますが
等間隔にお花を付けるのが難しく、あもはアンバランスになりました。

冷めないうちに付けなくちゃ!?と焦りが生じて、丁寧に付けられなかったのがアンバランスの原因。

とんぼ玉体験
カケラとお花をすべて付けたら、バーナーの上で炙りながら
表面に模様が馴染んでなめらかになるまで、またクルクルとガラスを回転させます。

冷やして出来上がったのが・・・

コチラ!
とんぼ玉体験
ねじ留め式のとんぼ玉ホルダーを付けていただきました。

世界で一つのMYとんぼ玉です☆

加工している時間は15分ほど。(冷ます時間は、1時間くらい)
あっという間でした!

ミルフィオリとカケラを付けて、バーナーの上で丸く保つだけで大変なのに
作家さんはこのガラスの中に、絵画のような精密な世界を作り出します。
とても奥深くて不思議な世界を、ちょっとだけ垣間見れて楽しい体験ができました☆

いちろく&しのぶ先生&スタッフさん、どうもありがとうございました!

スポンサーサイト



この記事のURL | ☆ アトリエあも ☆ | CM(0) | ▲ top
『レスポートサック公式ファンブック 2010 spring&summer 』
- 2010/04/19(Mon) -
気になっていたムック本。。。
『レスポートサック公式ファンブック 2010 spring&summer 』
⇒ 宝島社公式サイト

レスポムック本
買っちゃいました♪
だって、旅行にちょうど良さそうなんだもの!

パスポートやチケットが入るサイズで
カードポケットや、小銭が入れられるファスナーまで付いている高機能なのが、高ポイント。

そして、首から下げて使えるロングストラップが付いているのも高ポイント☆

レスポムック本
DSも入るそうです。(あもはDS持っていませんが。)

近所の本屋さんでは、ページを開けたので
この、小さな小さな窓から「柄」をよーく見て選んで、買ってきました。
レスポムック本
この「Style1 35thアヴェニュー」は、柄の出方次第だと思って。

昨日立ち寄った大きな本屋さんでは、全部紐で縛ってあったから
小さな窓から「柄を見極める」事ができなくなっていました。
破損防止と立ち読み防止のためだと思うけど
今回のこの本は縛らない方が、買う時にお客さんが楽しめると思います。。。



・・・ということで、旅計画はじめます♪



2010年1月 スクーター


シャウト



この記事のURL | ☆ 身近なヒト・コト ☆ | CM(0) | ▲ top
| メイン |