FC2ブログ
藤田喬平ガラス美術館(松島)
- 2013/03/07(Thu) -
ホテルを出て 「藤田喬平ガラス美術館」 へ行きました。

ガラス美術館

ガラスって、こんなに色鮮やかでしたっけ?

ビーズアクセサリー作りで、
ベネツィアングラスの繊細な美しさに、多少は触れて馴染んでいたつもりでしたが・・・


まだまだ奥深い。
・・・というより、どれだけ見てても 見飽きない。

ガラス美術館

たとえば、こういう縞模様の1本1本の中に
さらに、格子模様が入っていたりするんです。

その格子模様までは写真に写らなくて残念。
光に透かすと、シルエットのように模様がうつって見えます。

高温で溶けて、とどまる事の無い物質を、
どうやったらあんなに美しく魅せるコトができるのでしょう?

ガラス美術館

 ダ 「なんだか美味しそう~♪」

ガラス美術館

 ダ 「この人が作家さんなんだね。」

残念ながら、数年前に他界されておられますが
作品は、何年たっても輝き続けます。
そういうものを作り出せる技術に、憧れを感じました。


ガラスの 飾筥(かざりばこ)

ガラス美術館

ガラスで、漆塗りや蒔絵の手法を表現して出来上がった飾筥。
ガラスなのに、ガラスじゃないみたい。

ガラス美術館

パステルカラーの飾筥も綺麗ですが
黒地に金銀紅白の模様を飾った「紅白梅」という飾筥は
一見しただけでは、蒔絵や螺鈿のハコに見えました。
(その「紅白梅」は撮り忘れてきたので、コチラ からどうぞ。)


ガラス美術館

静かな館内で、美に触れるクマたち


キラキラ輝く大きなぶどうも、ガラスです。

ガラス美術館

 ダ 「コレ食べたら、金色のキラキラクマになれる?」


別室の展示会場では
「ガラスのひなまつり展」が特別展示されていました。(3月4日まで)

ガラス美術館

可愛いうさぎ雛


ガラス美術館

コロンとしたフォルムのおひな様


ガラス美術館

ガラスプレートに色付けしたおひな様も。


端午の節句用もありました。

ガラス美術館

おクチが可愛いガラスの鯉のぼり


ガラス美術館

 ダ 「ボク、男の子だから兜が欲しいな!」



お隣のティールームで、少し休憩してから帰りました。
入り口に置いてあった、試食のチョコレートが美味しかったです♪



スポンサーサイト



この記事のURL | ☆ 身近なヒト・コト ☆ | CM(4) | ▲ top
| メイン |