fc2ブログ
2013 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2013 08
ポーチを連れて夏旅1 ~伊勢神宮~
- 2013/07/18(Thu) -
和服姿のポーチ引き連れ

000-P1070687.jpg


ゆったりのんびり 列車旅。

000-P1070688.jpg


そぞろ歩きをしながら向かった先は・・・

001-P1070751.jpg


コチラ。
20年に一度の式年遷宮を迎えた
伊勢神宮へ お参りしてきました。

002-P1070767.jpg

上の写真は、内宮の御正宮。

天照大御神を祀る、
数多ある伊勢神宮のお社の中でもメインの、皇大神宮です。


たくさんの参拝客で、渋滞中のご正宮前。
白絹の帳の前へ出るまで、20分くらいかかったでしょうか。

写真を撮れるのが階段下までなので、帳の写真はありませんが
賽銭箱の前まで行くと風がふわっと吹くコトがあり
絹の戸張が涼やかに揺れるさまは、とっても心地よかったです。


こちらが、これから20年使われる新しいお社。

003-P1070765.jpg

新しい木のいい香りが
御正宮だけでなく、あちこちから漂っていました。

10月の遷御まで、もう間もなくです。


伊勢神宮の中は、こんな巨木がたくさん。

004-P1070764.jpg

伊勢湾から吹く風と、森の木々の葉影で
市内は暑かったけれど、神宮内は気持ちよかったです。

とりわけ涼しかったのが、五十鈴川。

005-P1070742.jpg

ちょっと離れた所からでも、泳ぐ魚を目視できるほど澄んだ水が流れる川は
参拝の為の禊(みそぎ)をする、神聖な場所でした。

徳川綱吉の母・桂昌院が
この御手洗場の「石畳」を寄進したといわれています。



さて、写真掲載の順番が前後しますが
伊勢神宮は、外宮から参拝して回るのが習わしです。

007-P1070710.jpg
(外宮の御正宮)

ポーチメイも慣例通り、外宮から内宮へ

006-P1070760.jpg
(外宮の風宮)

008-P1070714.jpg
(外宮の土宮)

参拝を、きちんと終えてから
おはらい町で遊んだ事を、ここにご報告いたします。



「伊勢へ行きたい 伊勢路が見たい せめて一生に一度でも」

江戸時代に流行した、伊勢参り。
多くの日数と多額の路銀を要したお蔭詣りは
行きたいと願っても、なかなか詣でられるものではなく・・・

庶民は「講」を組んでお金を出し合い
くじ引きで当たった代表者が、講の旅費を使ってお参りをしていたそうです。

002-a130711.jpg

我が家も、
若旦那の代参としてお参りをしたポーチメイ。

ちゃんと、手順通りにお参りしてから遊んできたよって報告しないと
泣く泣くお留守番してた若旦那クマが、さらに号泣しちゃいそうだもんね。

ちゃんと「商売繁盛」ってお願い出来たどうかは
定かではありませんが・・・


ポーチの夏旅、続きます。


【送料無料】伊勢・志摩2版

【送料無料】伊勢・志摩2版
価格:840円(税込、送料込)

スポンサーサイト



この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
| メイン |