FC2ブログ
2019 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 09
見事な紙ねんど細工がいっぱい☆おとぎの国美術館 *新潟県十日町市
- 2019/08/10(Sat) -
長岡の花火へ行く途中でのお話

関越道を降りてから長岡市へ向かうまでの間に、
気になる美術館を見つけてお邪魔しました。

おとぎの国美術館
紙粘土でつくられたお人形たちの美術館です。

001P1130106.jpg

美術館は、織物会社の3階です。
1~2階では、職人さんたちが
友禅の染付けをしている様子を少し覗き見る事ができました。
(それも興味深くて、できればずーっと眺めていたかった)


1階でお出迎えしてくれたうさぎさん♪

002P1130153.jpg

お耳にかんざしを、つまみ細工の帯飾りも付けています。
着物や帯は素朴な色だけれど、キラキラとした赤いお目目によく似合っています。
この着こなしのポイントは、きっと「赤色」♪

003P1130155.jpg



美術館へ到着できる時間が分からなかったので、
とりあえず開館しているかどうかだけ、前日に問い合わせをしたのですが・・・

美術館専属のスタッフさんは、もしかしたら決まっていないのかしら?

見学している間、工房の職人さんおひとりの手を止めてしまう事になるみたいで
本当は、予約してから見学へ行くのが良かったようです。
(そうとは知らず・・・突然お邪魔してしまいました。こころよく見学させていただいてありがとうございました)



写真撮影は一部を覗いてほとんどOK☆
たくさん撮り過ぎて選びきれませんでしたので、今日は掲載枚数多めです

004P1130149.jpg

源氏物語、それぞれの印象的な場面や登場人物を表現した紙ねんどびな
お話の内容は、名作「あさきゆめみし」で全て網羅しているつもりでしたが・・・


「横笛」ってどんなシーンでしたっけ?

005P1130151.jpg

・・・と思ったので、ググってあらすじ読みました。ネットって便利。
着物の模様もそれぞれ素敵でした



小倉百人一首の歌を表現したお人形たちも

006P1130135.jpg

この紙ねんど細工をつくられた作家さんは
もとは織物工場の社員さんだったそうで、そのご縁でココへ美術館ができたのだとか。

007P1130136.jpg

お人形たちの着物が綺麗なのは、織物工房の方だったからなのかな



きらびやかな平安絵巻のお人形がある一方で
こーんな庶民的なコたちも、きゃっきゃと遊んでいたりして♪

 プチルー 「混ぜて~♪

008P1130116.jpg



タイトルとお顔の表情が秀逸♡ ( ̄m ̄〃)ぷぷぷ

009P1130113.jpg



神話の世界も広がっていました。

010P1130121.jpg
ヤマタノオロチの首、それぞれが勝手にうにょうにょ動き出しそうです。


因幡の白うさぎは、、、
うー痛々しい。真っ赤じゃん。

011P1130119.jpg
これにも「わるさ もうしません」というサブタイトルを付けて、似合うかも


屏風サイズのこーんなド迫力龍もありました。
これも紙粘土だそうです。

012P1130109.jpg

 プチルー 「ひょえーーーーーーっ

013P1130112.jpg

ギラリとした目、ゴリゴリの牙、手指の爪はすんごいリアルで尖ってました。
真正面に立つと・・ ちょっとね、威圧感凄かったです☆


これは、町の12か月を表現したうちのひとつ
紙粘土って、なんでも作れるのですね。

015P1130126.jpg



 プチルー 「あら、ころがってる♪

019P1130138.jpg



最後に、たくさんの中から特に「コレ好き♡」と思った作品3つ

016P1130132.jpg

いーち、にーぃ、さーん・・ と数えながら見て行って・・・

017P1130133.jpg

ラスト8番目のコのドヤ顔が たまらニャい♡

018P1130134.jpg



イヌのおまわりさんは、ほとほと困りきってました。

020P1130142.jpg


美しい額絵・・・「絵」と呼んでいいのかしら?

022P1130145.jpg

一つ一つが立体的に浮き上がって見えます
着物の袖の翻る、そんな動きが見えるような様子も素敵
色も綺麗で・・・ 素晴らしかったです

023P1130146.jpg



作者さんは、もしかしてウサギ好きなのかしら?
うさぎまみれなコーナーも♪

024P1130123.jpg

撮影不可の作品の中には、ドラマの主人公を模したお人形たちがありました。
有名俳優さんたちのお人形、彼らもよく似ていて
ドラマのテーマソングが ふっと頭の中に流れてくるようでした。
日本だけでなく、海外の俳優さんたちも居ました~

紙粘土のお人形たちに囲まれる美術館、
いろんなテーマがあって、作品の表情も様々で、とっても面白かったです♡




スポンサーサイト



この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
| メイン |