FC2ブログ
2019 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2019 10
お能と狂言
- 2019/09/13(Fri) -
ちょっぴり前のお話ですが
お能と狂言の舞台を観に行きました。

狂言の主役は、野村萬斎さん♡
(主役の事は「シテ」と呼ぶそうです。シテとかツレとか、独特な世界)

001Point Blur_20190907_200442

能楽鑑賞なら着物よね!と
この日のお供のプチルールーちゃん、浴衣から着物へ着替えてお出掛けしました。



夏中ずっと着せてた浴衣は、良い機会なので綺麗にしてから仕舞います。
ぬいばサイズの浴衣は、管理もラクラクです。

シワの気になるところを水で湿らせて
使わないお箸(割りばしでも)を洗濯ばさみでつまんだ、簡易ハンガーで陰干しすればOK

005IMAG2240.jpg

半日干して乾いたら、また来年まで保管します♪



狂言だけでなく、来年のオリンピックの演出や、テレビ・映画のお仕事にお忙しい萬斎さん。
ご本人を一目見てみたくてチケットGET頑張ったら、客席最前列の席がとれました♡
うきゃぁ♡

002Point Blur_20190907_200516

狂言もお能もはじめてです。
まして、こんなに目の前で見る事が出来てとってもラッキーでした♡♡♡


役者さんたち(と呼んでよいの?)は、舞台の為に体幹を鍛えておられると、以前テレビで観ました。
立ったり座ったり、歩いたり体が斜めになったり、叫んだりジャンプしたり、
どんな動作をしても、本当に体の軸がブレません。

大きくて長い定規を 全員背中に入れているみたい。
動きの綺麗な舞台だと思いました。
歩いても胴体や腰の高さがあまり変わらないからか、ロボットみたいとも思いました。
”あの動きがゴジラの原型に・・・” なーんて考えつつ見るのも 楽しかったです。

004IMAG2253.jpg

お能は、謡いの言い回しが独特で聞き取れなかった事もあり
あらすじを教わってから鑑賞したにも関わらず難しかったです。。。

でも狂言は、コトバを聞き取りやすいし、庶民のお話でわかり易かったです。
演目「磁石」は、室町版 おれおれさぎ っぽいお話でした。
いつの時代も言葉巧みに他人を陥れる人って、いるのですねぇ。。。


はじめて間近で見た萬斎さん♡
この方は中年太りなんてしなさそう。羨ましい。
テレビや映画で観たまんまの方でした。
磁石はちょっと滑稽な表情をする役柄でしたので、ふっと「のぼうの城」のお殿様役を思い出しました。

チャンスがあれば、また公演を観に行きたいです♡





スポンサーサイト



この記事のURL | ☆ 身近なヒト・コト ☆ | CM(2) | ▲ top
| メイン |