fc2ブログ
2024 01 ≪  02月 1234567891011121314151617181920212223242526272829  ≫ 2024 03
おばばさま
- 2011/03/18(Fri) -
地震の日の、あも祖母の話。
あもの祖母は、近所に住んでいます。

地震の後、祖母のところへいったあも母、
「地震怖かったでしょ、大丈夫だった?」と聞きましたら・・・

あも祖母
「地震、揺れたねぇ。
 ベッドの上で、自分で体揺らしながら、歌うたったんだよ。
 だから怖く無かったよ。」
・・・と、言ったそうです。

110318-jisinbaba.jpg
イメージ画像:
地震に負けじと、みずから揺れる あもババ。

どうしてそんな事思いついたんだろう。
ショック受けてないのは、良いコトだけれど。

娘や孫と同じ血が流れているとは、とても思えません。
関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | ☆ 身近なヒト・コト ☆ | CM(6) | ▲ top
<<ごめんって言うべき? | メイン | ダッフィー5コマ劇場「“オトナ”の千羽鶴募金・ダッフィーの場合」 ダッフィー手作りコスチューム◇番外編>>
コメント
- ばあちゃ~ん -
おじいちゃんが生きてたら、絶対びびって泣いてたかもなぁ・・と思っていたら、おばあちゃんの話。。

母から聞いて、余震の恐怖の中 思わず爆笑しました_| ̄|〇

さすが、ばあちゃん!!

私も母も怖くてビクビクなのに、やっぱり一味も二味も違いますね。

でも、できることならば 今回は、ばあちゃんを見習いたいくらいだ・・と思いました。

でも、やっぱり私も怖くて見習えません。
2011/03/18 00:23  | URL | さお #-[ 編集] |  ▲ top

- なるほど☆ -
あもおばあちゃんのお話を聞いて、京都のお坊さんの話を思い出しました。

酒盛りしてうるさいご近所がいたら、イライラするより一緒に飲んで騒げと。

考えてみたら、そんなことわざもいっぱいありますよね(^.^)

今はまだ余裕はありませんが、肩に力が入っている自分に気がつきました。

あも家の皆さま、ありがとう♪

2011/03/18 08:43  | URL | しもみち #-[ 編集] |  ▲ top

- ★ さお ちゃん -
うふふ、同じ事言ってたのね♪

「おじいちゃんだったら、ずーっとテレビ見て泣いてるよね。
 見ないですんで良かったね。」
なんて会話のときに、このばあちゃんの言動を教わったのです。

文字通り、苦笑いとか失笑でした。
安心はしたけど・・・(苦笑)

怖くなったら、是非踊ってね!
あのばあちゃんの孫なんだから、いざとなったら大丈夫!!(^^)!
2011/03/18 22:11  | URL | あも #-[ 編集] |  ▲ top

- ★ しもみちさん -
あぁ、しもみちさん
うちのばあさまを、京都の高僧と比べていただけるなんて
勿体無さすぎます・・・っ(笑)
ありがとうございますっ!!

一風も二風も変わったおばあちゃんですが
ちょっと心が和める話題の一つになれたのなら、
おばあちゃん、地震と揺れ勝負をした甲斐があったと思います。

唖然としましたけど、後々私も大笑いしちゃいましたもの♪

どうぞ、地面が揺れたら
関東でも一緒に揺れているであろう婆さまが居る事を思い出してくださいね♪
2011/03/18 22:22  | URL | あも #-[ 編集] |  ▲ top

- -
あもちゃん、お久しぶり!
地震こわいですね。
娘が一人で東京に住んでいて
心配です。
Witchもベッドの上で
揺れてみようかな。
ところで
その娘が三日間ほど
帰ってきていて
二人でダッフィー劇場を
観てきゃわいい~を
連発していました。
彼女もダッフィー好きで。
あもちゃんのファンに
なったようです。
2011/03/22 23:08  | URL | Rosewitch #-[ 編集] |  ▲ top

- ★ Rosewitchさん -
きゃぁ、Roseさん!
こちらこそご無沙汰してしまって…すみませんっ

Roseさんのお家の方も、大きい揺れがおきてますよね。
大丈夫でしたか?
もしも、小さめの揺れが起きたら
その時には試してみてくださいね。

あもは未だ、地震が起きたらフリーズしてしまうので
一緒に体を揺らす事が出来ていません。。。^^;

ダッフィー劇場、楽しんで頂けて嬉しいです♪
次はどうやって泣き虫ダッフィーを泣かそうか!?
・・・と、いろいろ悪だくみを練ってます。うふ♪
2011/03/23 10:30  | URL | あも #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |