FC2ブログ
2019 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2019 12
「ゆめつげ」 畠中恵著
- 2008/04/17(Thu) -
51K913ZJA4L__SL500_AA240080417.jpg

「しゃばけ」シリーズの作者の本。
夢占いのできる兄と、兄を支える弟と...その他いろいろが出てくる本。
江戸時代末期。

話し口調は、のほほんとした感じだけれど
「しゃばけ」ほどの明るさはなく、なんとなくあもには読み進めづらかった。
このヒトの本は、「しゃばけ」みたいな軽いタッチで楽しめるお話が好きです。

次はどうなるんだろ?
真相はなんだろう?
そういう興味はそそられるけれど、今ひとつ気持ちがノらず...

 あも的評 ★☆☆☆☆

大好きな「陰陽師」みたいな
能力も立場も確立されていて、安心して読んでいられるような主人公の出てくる作品を
無意識に期待して、比べてしまっていたのかも。
関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | ☆ 感想、などなど。☆ | CM(0) | ▲ top
<<「鹿男あをによし」 万城目学著 | メイン | プチプラ☆アームカバー>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |