FC2ブログ
2019 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 01
「紀元前1万年」
- 2008/05/06(Tue) -
CG映像の見ごたえは、充分にありました。
でも... と感じてしまったのは、やっぱりストーリーかなぁ。

なんかね、まとまってない感じがして。

http://wwws.warnerbros.co.jp/10000bc/">紀元前1万年
http://wwws.warnerbros.co.jp/10000bc/
080504bc10000.jpg

あも的評 ★★☆☆☆
(お話としては、★1つ。 でもCG映像が面白かったから、もう1つ★追加。)


ストーリーは、”B.C.10000”ではなく
”後半に出てきたセットの頃の時代”のお話 でもよかったんじゃないのかなぁ。
でも、そうなるとマンモスたちが出てくる必要がなくなっちゃうか。


観る前の期待としては、もうちょっといろんな
今では骨格標本でしか見られないような絶滅種たちが、たくさん出てくるんじゃないかと期待して
でも、それがあえなく数種類で終わったので、あもは非常に残念です。
CG駆使して、いろんな肉付けされた化石たちに登場してほしかった。

単純にSFと考えれば、時代が混同されるのも楽しいだろうけれど
タイトルに「紀元前1万年」とハッキリ出ているのだから
その時代の風景とか、文化(と言えるものは少ない?)とか、そういうのが観たかったのです。


ラストも、「あら、そうなるの。」ってな感じ。
友情、愛情、SF、未知への冒険、スリル、反抗、呪術、信仰...
いろーんなものがてんこ盛りでした。

メインはなんだったんだろうなぁ。。。
関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | ☆ 感想、などなど。☆ | CM(0) | ▲ top
<<くすん くすん | メイン | 大粒イチゴのペンダント>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |