2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
かがやき号で 金沢へ * 4
- 2015/07/11(Sat) -
日本三名園のひとつ、特別名勝 兼六園 です。
(三名園の他2つは、水戸の偕楽園と 岡山の後楽園)

001P1280104.jpg


小高い場所にありますので
こんな感じに金沢の街を見渡すコトが出来ます。
(バス停から、坂または階段をあがりますので、ヒールはツライかも。。。園内も広いです)

002P1280076.jpg


加賀百万石前田家の庭園は、見どころ満載ですが
それぞれがあまりにも有名ですので、ここではかいつまんで。。。



霞ヶ池と、徽軫灯籠 (ことじとうろう)

003P1280073-2.jpg

兼六園のシンボルで、みんなが狙う撮影スポット
順番待ちして撮影しました。



唐崎の松

004P1280078.jpg

十三代藩主が、琵琶湖の松の名所(唐崎)から種子を取り寄せ育てたそうです。
水面を這うように広がる枝が見事です。



雁行橋(がんこうばし)

005P1280083.jpg

雁が列をなして飛ぶようにつくられた橋。
石の一枚一枚は、亀の甲の形をしているそうです(11枚)


七福神山

006P1280086.jpg

石を七福神にみたてて配した築山。
なので、山がお船の代わりかな。
福寿山 とも呼ぶそうです。



根上がりの松

007P1280089.jpg

一心不乱に旦那ちゃんが拝むのは
「根上がり」=「値上がり」にかけた、パワースポットだから。

小山に根を張った松の根元を、少しずつ土を崩して
地面の上に根を現させたから 根上がり松。

007P1280087.jpg

以来、「盆栽でも造れるかな」とブツブツ言ってます。
家に ”ミニチュア版 根上がり松” を勧請したい様子です。



噴水

008P1280094.jpg

日本最古と言われる噴水。
動力もポンプも使わない噴水。

009P1280095.jpg

3メーターほど噴き上がっています。

010P1280096.jpg

水の勢いが強く、水しぶきが飛んできます。

地形の高低差だけで、これだけの水がずっと噴き上がるって、不思議。
兼六園の中で、見るのを一番楽しみにしていた場所は
涼しくて気持ちよかったです。


最後に、お池の鯉

011P1280098.jpg

橋の上で立ち止まると、四方八方からワヤワヤと泳いできます。

 ダ 「あげられるモノ何も持ってないの、ごめんね

012P1280099.jpg

立派なお髭の鯉でした。
うちの金魚たちも、これくらい大きくならないかしら。

「宏大」 「幽邃」 「人力」 「蒼古」 「水泉」 「眺望」
六つの景観 ”六勝” らしい場所を全て、写真に納めようと思っていたものの
園内が広く、途中で目的を忘れて歩いていました。

・・・が、それらしい写真が残っていたから、よしとします。
(「幽邃(ゆうすい)」 「蒼古(そうこ)」 がちょっと怪しいですけど)

あんまり暑くて、途中すっ飛ばした風景もいくつか。。。
広い公園は、過ごしやすい気候の時に行かないと勿体なかったかも。(暑さに弱い)

いつかまた、リベンジしたいと思います。
寒そうだけれど、真冬もいいなぁ。。。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
<<着用写真室 (麻の葉模様レトロピンクに朝顔柄*兵児帯 ヌイグルミ用浴衣セット) | メイン | 明治「白のひととき」4本点セット 当選 <モラタメ>>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |