2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
かがやき号で 金沢へ * 7
- 2015/07/30(Thu) -
金沢旅行、二日目は生憎の雨降りで、、、
クマの若旦那はホテルに預け、保護者だけで観光しました。


寺町寺院群 の中にある
妙立寺 見学です。

000P1280151.jpg


妙立寺(忍者寺)公式サイト⇒ http://www.myouryuji.or.jp/
http://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/spot_search/spot.php?sp_no=182 (金沢旅物語サイト)

001P1280157.jpg

見学は、ガイド付きのみ(要予約、大人800円)
未就学児 入場不可

002P1280153-2.jpg

隠し扉アリ、
隠し階段アリ、
脱出経路アリ、
落とし穴アリ、
秘密の小部屋アリ、、、

外観は2階建てなのに実際は4階建て(7層)であるとか、
見どころ一杯の 別名 「忍者寺」 です。

ガイドさんと一緒に歩かなくては、見どころがアリ過ぎて分からないし
迷って出て来られないかも。。。 な、面白いお寺でした。

残念ながら、内部撮影禁止。

是非、実際に行って見てください。
「おぉ~~~」 の掛け声、きっと連発しちゃいます。



ギヤマンの小窓が並ぶ最上階。
この小窓から、金沢城と妙立寺は
光で連絡を取り合う事が出来たのだとか。。。 (モールス信号みたいの???)

003P1280154.jpg

江戸期になって、太平の世が訪れたとは言っても、
幕府の目を欺いて有事に備えていた大名たち。

「おもしろ~い♪」 なんて、目をキラキラさせて見学したお寺も
当時は、生き残るための知恵と技の結晶でした。

”裏工作”とか全く知らずに生活できるのって、平和でシアワセな事なんだろうな。
戦国時代や江戸期のお大名って、ストレス多そうです。




さて、場所は変わって
ここは 西茶屋街の 落雁(らくがん) 「諸江屋」 さん

004P1280150.jpg

旅行会社の特典で、
落雁プレゼントのチケットを貰ったので立ち寄りました。
下が、いただいた 生落雁 です。

005P1280201.jpg

失礼ながらこれまで落雁って、硬くてポソポソとした甘みが強ーくて、苦手でした。

が、
生落雁、美味しい~♡

包んでいただいている間に試食品を口に入れたら美味しくて
おみやげにいくつか買って帰りました。

濃いお茶が欲しくなる上品な甘さの優しいお菓子で、
これまで食べてきた落雁とは全然違いました。

あも、もう落雁は 「生」 しか食べません。

もっと買って帰れば良かった。。。



美味しいと言えば
最近名前をよく聞く高級魚 「のどぐろ」 も食べました。

写真は もりもり寿し 金沢駅前店 の
http://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17000420/ (食べログ)
金沢名物のどぐろ三点盛り
(のど黒・のど黒漬け握り・のど黒塩炙り)

007P1280188.jpg

回転寿司のお魚の方が、
市場のどんぶり屋さんで食べたお魚よりも美味しく感じました。。。(実は)



もう一つ
北陸えび三点盛り
(がすえび・生甘えび・富山産白えび)

008P1280190.jpg



 ちびダ 「どれから食べていいか困っちゃう・・・

009P1280191.jpg

テレビでみんなが美味しいという のどぐろ は
お魚の味?甘み? がしっかりしてて、
大好きなサーモンが、この時だけは目に入らなくなるほど美味しかったです。

のどぐろ、また食べたい♪


初めて訪れた金沢は、なんだろう。。。
全体的になんだか ”余裕のある街” という感じがしました。

バスのフリー切符は、区間内なら普通の街バスにも乗れちゃうし
駅前ロータリーの地下に巨大な地下街があって、けっこうな距離を傘なしで歩けちゃうし
ホテルのお部屋も思ってたより広かったし。
突然の雨用に、ビニール傘をいろんな所で貸してもらえるのも助かりました。

1泊2日、大急ぎで観光しちゃいましたが
ホントはもう少し時間を多めにとって、ゆっくり回った方が良さそうです。
のどぐろと和菓子を食べに、また行きたいな。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(2) | ▲ top
<<同じ若草色の布で | メイン | あもママのりんご>>
コメント
- -
Shell: Wow It's cool! I want to go there. Don't you think so?
「うわー、かっこいー、行ってみたいな〜。ねぇ。」
Duff: If you go there, you have to be Yamato-Nadeshiko
「行きたいんだったら、ヤマトナデシコにならなくちゃ」
Shell: uh? I can play soccer! I like it.
「え?私サッカー出来るわよ。好きだし」
Duff: Why?
「なんで。。。」
Shell: Japanese Women Soccer team is called ナデシコ・ジャパン. ヤマト is ancient name of Japan, right?
「日本の女子サッカーチームはナデシコ・ジャパンって言われてるでしょ、ヤマトはジャパンの昔の名前じゃない。

確かに女子サッカーは盛んで、3歳から入れるクラスとかあります。
大和撫子とは、サッカー選手のことだと思ってるのかもしれません。

金沢の写真、楽しみました。雰囲気も良いし、美味しそうなお料理やお菓子があるんですね。行ってみたいです〜。
2015/08/01 16:21  | URL | MK #6XtmURhg[ 編集] |  ▲ top

- ★ MKさん -
メイ
「メイも行きたかったのー!>< ダッフィーばっかり新幹線に乗って山の向こうに行って、ずるいよね!

「・・・はい・・・でもお仕事兼ねてたから・・・
メイ
「Shellちゃんもメイも、充分ヤマトナデシコだから大丈夫!
 可愛いボールがいっぱいあったから、今度あのボールを借りて、お寺で一緒にサッカーしようね♪

「手鞠借りるのも、お寺でサッカーも、全然無理だと思うよ、メイちゃん。。。

金沢の街並みは、着物がとっても似合う風景でした。
DuffくんもShellちゃんも、訪れる時にはお着物でどうぞ♪
または忍者服・・・!?

メイ
「そうだ!Shellちゃん、一緒にクノイチになってお屋根登ろう!

「ダメーっ 通報されちゃうーっ

お料理もお菓子も「和」ですが、素朴過ぎず、適度な華美さが見え隠れしていて楽しかったです。
手土産用のお菓子はどれも可愛くて、きっとアレコレ欲しくなっちゃうと思うので
訪れたときには、Shellちゃんにお財布を任せないようにご注意くださいね。w
2015/08/02 11:36  | URL | あもメイ&あもダ&あも #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |