2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
クマと熊野で夏休み*1 (鬼ケ城・獅子岩)
- 2015/08/21(Fri) -
今年の夏休みは、
初 熊野詣 へ出掛けました。

昔から 「 伊勢へ七度、熊野へ三度 」 と申します。
伊勢(昨年)へお参りしたから、今年は熊野へ足を延ばすコトにしました。



旅の始まりは、今年もカーフェリー

 Pメイ 「浴衣でお船乗ったの~♪

001P1280655.jpg

天候に大きく左右されますが、
名古屋や四日市の渋滞を回避できるので、体力的にも気分的にも、とてもラクなルートです。

002P1280653-2.jpg



けっこうな量の写真を撮ったので、見直すだけでも時間がかかる。。。
その中から掻い摘んで、観光してきた場所をいくつかピックアップします。
(何日かかるかな)



ひろいひろ~い 吉野熊野国立公園。 (三重・奈良・和歌山の3県に広がる)
海沿いを走っていたら、いつの間にか国立公園内に入っていました。


鬼ケ城
http://onigajyo.mie.jp/

003P1280675.jpg

海の向こうに、魔見ケ島(まみるがしま) が見えます。
魔見ケ島は無人島です。

004P1280666.jpg

この辺りは、桓武帝の時代(AD800年前後?)、
坂上田村麻呂の鬼退治伝説が残る地です。

メイちゃん、何か見えるー?
 メイ 「だーれも居ないよ

005P1280672.jpg



波の浸食によって出来た、不可思議な形の岩壁。
遊歩道を歩いて見学します。

006P1280676.jpg

”鬼が住んでいる”と疑われても不思議のない、奇妙な景観。

007P1280680.jpg

ゴツゴツ、ザラザラしていました。

008P1280684.jpg



009P1280683.jpg

ホントに千畳あるかしら?
それよりは狭い気がするけれど、ここだけ平たい広間のような場所でした。
鬼の宴会場だったりして。

010P1280692.jpg




011P1280686.jpg

”門”のような岩の間を抜けると

012P1280685.jpg

荒波渦巻く海が広がって見えます。

メイ、落ちないでねーーー

013P1280689.jpg

この遊歩道、本当はもっと続いているのですが
残念ながら台風被害により 「奥の木戸」 から先は通行止めでした。

「鬼の風呂桶」 とか 「鬼の洗濯場」 なんて名称の場所は
一体どんなカタチの岩なのでしょう?
いつかまた訪れる時には、歩けるといいな。




獅子岩

014P1280698.jpg

名前の通り、獅子のように見える大きな岩
これも波の浸食によって出来たそうです。

015P1280701.jpg

ガオー! なんて勝手に ↑ 描きいれちゃったけれど
調べてみたらこの獅子岩、
ここから北西にある 大馬神社 の 「阿の狛犬」に見立てられている のだそうです。

毎日、みんなを守ってくれているお獅子さんなのですね。

 メイ 「毎日頑張ってくれてありがとうございまーす♡チュッ

016P1280702.jpg

メイの鼻チューのおかげか否か?
あも家一同、道中無事に帰って来られました。



続く~



番外編。。。

フェリー船内にて

017P1280652.jpg

風の強い日だったので、早々に座席で眠る保護者

018P1280650.jpg

その後、鳥羽に着く少し前に、
ちょっとだけ甲板に出て撮影したのが 1枚目に載せた写真です。

001P1280655.jpg

おかげで少し潮をかぶりましたが
やっぱり、一回くらいはお外で海を見ておかないと。ね。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
<<クマと熊野で夏休み*2 (花窟神社・丸山千枚田) | メイン | 着用写真室 (白金青海波×ベージュ バラのU字かんざし)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |