2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
コグマと越後信州の旅☆2 牛の角突き(新潟・山古志闘牛場)
- 2016/08/07(Sun) -
長岡市山古志 (旧山古志村) を訪れました。
ここでは、年に数回 闘牛大会が行われます。

この地域では 「牛の角突き」 と呼ぶそうです。
(国指定重要無形民俗文化財)

この日は角突きの大会前日でしたので
「建物だけ、見に行ってみようか~」 なんて山を上がりましたら、

001DSCN1587.jpg



牛さんが居ました♡

003DSCN1580.jpg

おじさんに、丁寧にブラシをかけてもらって気持ちよさそう。

004DSCN1581.jpg

そして強そう!

005DSCN1582.jpg

大きなトラックに乗って、牛さんがどんどんやってきます。

005DSCN1596.jpg

カメラを持って待っていたら、
運転していたおじさんが真横で停車してくださいました。
おかげでトラックの全体をブレずに撮れました。 おじさん、ありがとうございます♪





この日は、旅行会社へのPRに、角突きの見本を見せるのだと
ブラッシングのおじさんが教えてくださって
横の方で、一緒に見学させていただける事になりました。

闘牛イベントを見られないと思っていたので、ラッキー☆



 Pダ 「まだかな~♪
 ぷく 「ウシさん見たいでしゅ~!


007DSCN1605.jpg
 思いがけず見られる事になり、大興奮のウシ待ちコグマ



 Pダ 「つのつきごっこ~!
 ぷく 「ドシューン!


013DSCN1585.jpg
 クマはツノ無いけどね




さぁ、はじまります。

お相撲さんの取り組みのように、
試合前にウシさんの闘う場をグルリと、塩とお酒で清めます。

さらに、勢子さんの手と口も清めてました。(お酒はラッパ飲みで)

008DSCN1610.jpg



赤牛さんの入場!

009DSCN1612.jpg


相手方の 黒牛さんも入場!

010DSCN1617.jpg

この日は綱をつけていますが、
翌日の本イベントでは、綱なしで取り組むそうです。




勢いつけて突いてます。
あのツノが向かって来たら怖いだろうなぁ

011DSCN1632.jpg



山古志の角突き、基本は引き分けだそうですが
買った牛さんには紅白黒の・・・ まわしみたいのが掛けられます。(名前分からず)

012DSCN1645.jpg

盛大な拍手をあびて、ドヤ顔の牛さん。
(旅行会社の研修の方々は総勢100名を超えていたようですので、拍手も盛大!)
気分よさそう♪



2番めの勝負では、ラスト50秒くらい動画を撮ってたので
(半端な長さですけど)
ご興味ある方はこちらもどうぞ

[広告] VPS


負けちゃった牛さんの頭をポンポンと
やさしくたたいてねぎらう勢子さんの姿が印象的でした。

牛さんも、大切な家族の一員です。
ケガをしていなくて良かった良かった。



日本には、6か所?9か所? 
闘牛文化が残る地域があるそうです。

検索したら、宇和島(愛媛)の闘牛サイトに詳しく書かれていました。
⇒ http://www.tougyu.com/tougyu/togyu/main3.html


街のPR用プレイベントでさえ、迫力満点の角突き大会!
次回は、本番の角突きを見てみたいです。

引き綱なしで、興奮したウシさんたちをどうやって引き分けに持ち込むのかしら?
(勢子さんの器量と度胸がここで発揮されるのだとか)


関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
<<コグマと越後信州の旅☆3 星峠の棚田(新潟・十日町市松代地区) | メイン | 着用写真室 (えんじ色バラの2wayクリップピン髪飾り*3本下がり) >>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |