2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
ダッフィー5コマ劇場「ぶん ぶん ぶん♪」
- 2017/07/31(Mon) -
うちのお庭に毎日、
脚のとっても長いハチさんが飛んで来ます。

虫さん苦手だから、よくよく見たことはないけれど
ネットで検索したら「アシナガバチ」という種類みたいです。

葉っぱに来る小さい虫などを食べるハチさんで
イジワルしなければ襲ってくる事が無いらしく、怖くないんだって。

 若ダ 「また来てるね~
 DD 「ホントに怖くないヤツなのか!?

001-DSCN9311ダッフィー劇場あも日誌


 DD 「でもさ、やっぱり刺されたら怖いよな。
     ここはオイラん家だぞ、あっち行けー!

DDくんが、霧吹きでお水をピューピュー(水鉄砲みたいに強く出るノズルで)飛ばしたら
ハチさんはすぐ、何処かへ逃げていきました。

002-DSCN9313ダッフィー劇場あも日誌
 怖いから網戸越しの攻撃

 DD 「わっはっは!オイラの勝ち~!!

この日、こんな風に
ハチさんが来るたびに毎度ピューピュー追いやってたら・・・

いつも1匹で飛んでたハチさんが
2匹一緒に飛んで来るようになりました。

 若ダ 「えっ?ボディーガード!?
 DD 「ひええええっ 仲間増やさないでーっ

003-DSCN9316ダッフィー劇場あも日誌

この日は一日中、2匹連れ立って飛んでいました。

洗濯物を取り入れたり、お庭で水やりのお手伝いをするとき、
さすがにボクも、怖かったです。。。
お外にハチさんが飛んで来ていないか、安全確認してからお庭に出ました。


そうして、2日くらいは2匹一緒に飛んで来てたかなぁ・・・?

さすがにDDくんも怖かったみたいで、何もしなかったら
数日したら、お庭に飛んでくるのが また1匹だけになりました。

 DD 「ホントに1匹だけか!? 何処かに隠れてンじゃないのか!?
     若旦那、見て来てよ
 若ダ 「やだよぉ 自分で行ってよ~っ

004-DSCN9318ダッフィー劇場あも日誌
 モフモフ2クマの押し合いへし合い


今日もハチさんはいつも通り、
1匹で、木や葉っぱのまわりをブンブン飛んでいました。

あの2匹めのお友達は、
最初のハチさんがDDくんにイジワルされないように
本当にボディガードとして飛んで来ていたのかな?

 DD 「オイラが怖くて来なくなるなんて、口ほどにも無いヤツだなー♪
 若ダ 「DDくんが余計なコトするから、ボクまでお外に出るの怖かったんだからねっ
     もう要らないコトしないでよねっ

005-DSCN9319ダッフィー劇場あも日誌
 たまに何か手伝うと、たにんの迷惑になっちゃう面倒なヤツ


な~んにもしないで、お庭ですれ違うだけなら
ちょっと「オマエ誰だ?」的に寄ってくるコトはあっても、
またすぐ自分のお仕事に戻るハチさんです。

うちのお庭、そんなに気に入ってくれたのかな?
でもボクたち住んでるから、巣はつくらないでね。

***
今週、ひとりで冷や汗かいてました。。。

件のハチさん、物干し竿がお気に入りらしく
洗濯干そうと出ると、しょっちゅう止まっているので
「あっち行ってよー」と、近くにあった霧吹きで早朝ピューピュー追い出してみたら、

それが見事にうまくいったもんだから。

手を伸ばそうとした水やりバケツへ飛んで来たトコロを
「来ないでー」とピューピュー。

庭へ出ようとしたら、窓のそばにいたので
「ここから出たいから、どいて頂戴」とピューピュー。

・・・なんて連続して追いやってたら、
気づけば2匹連れ立って
しかも ”窓のそば” をブンブンとびまわってました。

げげげ、怒らせた!?
そのお仲間は誰ですか!?


以来、霧吹きの”水鉄砲”みたいな強く出る方のノズルで威嚇するのはヤメました。

どうしても彼(?)の飛んでる付近へ行かねばならない時は
やさしいシャワーノズルで、遠くから風に乗せてふわ~っとお水を撒いて
「・・・あの~、どいてくださいます?」と、
やさしくお声がけをするようにしました。

その誠意が伝わったのか
ボディガード的なお友達は、あれ以来 同行して来ていません。

アシナガバチは、益虫として 駆除の対象としない自治体があるのだとか。
野菜を食べてしまう害虫たちを捕食してくれるのだそうです。

うちに来ているハチさんも、気づかぬトコロで働いてくれているのかな。
ハチさんとの共存・・・ 馴染める日はくるのかなぁ。。。




関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | ☆ ダッフィー劇場 ☆ | CM(2) | ▲ top
<<コグマと長岡花火大会へ(新潟) | メイン | 真っ黒になりました>>
コメント
- -
アシナガバチは強い毒性は無いとはいえ、アレルギー反応はあると思いますから、近づかない方が良く、駆除より共存だと思います。
カリフォルニア州では、巣は除去できないし、野生動物も駆除できません。例えば家のゴミ箱近くにリスが巣を作っていたりするんですが、リスを追い出す事が出来ないんです。
とはいえ、リスにかまれたらすぐに病院へ行かないと、死んでしまいますから人間的にはキケンなんですが。リスもハチもネズミも鳥も、近づかない手を出さない、そして共存です。
2017/08/02 14:58  | URL | MK #bbIIixIc[ 編集] |  ▲ top

- ★ MKさん -
そうですよねぇぇぇ
共存・・ やっぱ、必要な時には「ちょっとどいていただけます?」的お上品に意思表示をして、どこかへ飛んでいっていただかないと、ですよね。
声をかけるだけで「じゃぁ30分くらい外行ってくるよーブンブン」って、聞き分けてくれたらいいのに。

自分で「ドイテクダサイ」を意味する羽音を、再現できたらいいのになって思います。
もしくは若旦那ダッフィーにブンブン踊らせる。

先ほどもハチさん来てたので霧吹きでシュパーっとお水を撒いたら、
乾いてきていた洗濯物に振りかけちゃいました。シクシク

じょうずに共存って難しいですね。
2017/08/04 15:10  | URL | あも #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |