fc2ブログ
2024 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2024 05
なにもかもべっかくえいへいじ *福井県永平寺町
- 2018/06/06(Wed) -
福井県の大きなお寺 永平寺 へ行きました。

001-201805DSCN0077.jpg

お寺の名前が、そのまま地名になってしまうほどの大きなお寺
曹洞宗の総本山だそうで、中に入るとたくさんのお坊さんがお勤めされてます。



中に入る為の門は、いくつかありますが・・

 若ダ 「後ろに見えるのは 唐門 だよ。

002-201805DSCN0079.jpg



菊の御紋のついた勅使門
皇室からの御使者など貴人しか通ることが許されない門です。

003-201805DSCN0085.jpg

門へ続く石段にすら近づけないので、なおさら魅力的な観光名所のひとつ
このような門まで構える、別格のお寺なのですね。


 DD 「オイラお寺入らないゾ。修行しないゾ!毛刈り反対!

004-201805DSCN0083.jpg

入門させてくださいってお願いしたって無理だから、安心おし。
ここは厳しいらしいよ


 DD 「そーかそーか♪ オイラあの門からだったら、入ってみたいけどナー

005-201805DSCN0084.jpg
調子にノルくま


つやつやに磨かれた廊下を歩いて、お寺の中を探検しましょう。
(入山料500円)

高い天井に沢山の色彩画が並ぶ
傘松閣(さんしょうかく)の 絵天井の間

006-201805DSCN0088.jpg



 若ダ 「全部で230枚ある画は、ほとんどが植物や鳥の絵だけれど
     この中に5枚だけ、違う動物が描かれているのがあるんだって☆

007-201805DSCN0091.jpg

植物と鳥 以外の動物絵・・
一枚だけ、鯉の絵を見つけました。
あとは首が痛くなってギブアップ★

寝転がりながら見学させてください・・・



掛け軸は達磨さん
ギョローっとした目、実は好きです。

008-201805DSCN0092.jpg



(たしか)僧堂 に居た、(たぶん)獅子

009-201805DSCN0097.jpg

きかん気そうな可愛い顔をしています。
もも🐶が調子に乗って遊んでるとき、こんな目つきしてたかも~
お尻が割れてしまっているのが残念



永平寺七堂伽藍の、一番高い位置の 法堂 の縁側で
しばし休息 & 瞑想 & 煩悩を取り払う努力をしてみる・・・

010-201805DSCN0098.jpg

お寺の向こうの山まで見渡せて
風も程よく吹いてきて、心地よかったです。



 DD 「なぁアニキー、夕飯は何食べるんだー?
 ヒト旦「蕎麦食べたいよなぁ。胃もたれが・・・

011-201805DSCN0102.jpg
こやつらはけして煩悩を取り払えまい。


大庫院(だいくいん)前に、大きなすりこぎ棒が下がっていました。
(全長4メートルとか)

 DD 「なでなですると~

012-201805DSCN0104.jpg


 DD 「ゴマすり上手になって、出世するんだってー♪

013-201805DSCN0105.jpg
女性は『お料理上手になる』とも。たっぷり撫でてきました。



 若ダ 「100人以上のお坊さんが、ここで生活して修行してるそうです

014-201805DSCN0108.jpg

お食事を作るお坊さんは、毎朝1時半(2時半だったか?ウロ覚え・・)に起きて
全員分の食事の支度を始めるそうです。

1時半なんて「朝」というより「深夜」って感じなのに・・

草木も眠る丑三つ時 よりも早い朝。
ここで働いたら、たとえ呪われても勝てそうな気がする。
だって、丑三つ時にはバリバリ働いてるんだもんね。
(丑三つ時以外の呪いの事は考えてません)


5月に訪れたので「風が気持ちいい~」なんて喜んでいられましたが
真冬は雪も寒さも凄いという場所です。
降雪が大ニュースになった今年の冬、ここはどれほど降ったのでしょう。
機会があれば、尋ねてみたかったです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

注染手拭い だるまづくし
価格:1620円(税込、送料別) (2018/6/3時点)


関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | ☆ 旅行のハナシ ☆ | CM(0) | ▲ top
<<だいすきますのすし *富山県富山市 | メイン | メイよりおおきなあぶらあげ *福井県坂井市>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |